ニキータ・マゼピンの父、息子のハースF1の新シャシーの代金を個人負担
ニキータ・マゼピンの父親であるドミトリー・マゼピンは、今シーズンにハースF1が導入した新しいシャシーの代金を支払ったのはチームではなく自分だと明かした。

ニキータ・マゼピンは、ハースF1でのキャリアの初期段階で、チームメイトのミック・シューマッハのパフォーマンスレベルに匹敵するのに苦労し、彼が使用しているシャシーがそれに大きく貢献していると不満を漏らしていた。

ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、シャシーのスピードがかなり遅い可能性があると述べ、ミック・シューマッハもそれを使用しると主張したにもかかわらず、ドミトリー・マゼピンの要請により、ハースF1はニキータ・マゼピン用の新しいシャシーを開発した。

しかし、その代金を支払ったのはハースF1ではなかった。代わりにドミトリー・マゼピンは息子がミック・シューマッハに対して公正なチャンスを持っていることを確実にするために自分が支払ったと述べた。

ドミトリー・マゼピンが経営するウラルカリは、ハースF1の主要スポンサーを務めている。

「それは本当に問題だったが、我々はチームと一緒にそれを解決しました」とドミトリー・マゼピンはMatchTVに語った。

「大事故の結果、シーズン後半に1台のシャーシが破壊され、新しいシャシーが製造されました。その後、チームは新しいシャシーをミックシューマッハに渡すことにした」

「しかし、ニキータが古いものを運転するとすぐに、彼はそれが非常に異なっているというフィードバックを与えた」

「チームと私がドライバー間でシャシーを変更して比較する機会を与えることに同意したのは6月のことだった。ニキータは新しいシャシーで良い週末を過ごし、ミックは大きな事故に見舞われた」

「それで、新しいシャシーを構築することを決定した。我々はチームは平等な条件で戦うべきだと信じているので、私はシャシーの構築にお金を払った」

結局のところ、そのシャーシは、F1カタールGPのプラクティスでニキータ・マゼピンが損傷させたことで、当面は機能してない。

そして、ニキータ・マゼピン曰く古い“太った”シャシーに再び戻ったことで、チームメイトのミック・シューマッハとの競争に苦労した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース