マクラーレンF1、アジア圏の企業のスポンサー獲得を目指す
マクラーレンF1は、アジア圏でさらに多くのスポンサーを獲得することでチームのスポンサー数を増やすことを目指している。

ランド・ノリスとカルロス・サインツがドライブするマクラーレンのF1マシンには41社のうち16社のアジア圏のスポンサーが掲載されているが、マクラーレンF1のCEOを務めるザク・ブラウンは、アジア圏のブランドの存在感を高めたいと考えていると語る。

「我々が獲得できていないのは多くのアジアに拠点を置くパートナーだ」とザク・ブラウンは All That Matters Online 2020 のカンファレンスで語った。

「以前の私の役割では、LGとLenovoをこのスポーツに参加させることができたのは幸運だった。それらの多く、アジアを拠点しているもっと多くの企業がF1に参加することを望んでいる。そのためには今日よりも意識を高める必要があると思う」

世界的な新型コロナウイルスの大流行によって引き起こされた困難な財政状況により、マクラーレンは、今年の混乱したF1シーズンの間できる限り最善を尽くして既存のスポンサーにサービスを提供してきた。

ザク・ブラウンは、チームはすべてのパートナーと話し合ってシーズンの新しい計画を作成したと説明する。

「我々は自分自身の苦痛を除けば、非常に積極的な方法で各パートナーとケースバイケースで取り組んできた。そして、我々にはスタートから一緒にいてくれているすべてのパートナーと言えることを幸せに思う。全員がとても幸せだ。うまく機能しています。」

パートナーシップの変更には、ザク・ブラウン曰く“段階的なブランディング”の機会を提供すること、およびホスピタリティの手配を2021年以降に拡大することが含まれている。

ザク・ブラウンは、スポンサーはマクラーレンとF1の新型コロナウイルスへの反応に全体的に満足しると語った。

「旅行をしなくなった人々が想像するように、テレビの評価は上がっており、かなりの速さでデジタルとソーシャルの数は増え続けている。我々のスポンサーと業界のスポンサーは満足している」

通常、All That Mattersは、今週末に行われる予定だったF1シンガポールGPの週に開催されてきたが、今年は新型コロナウイルスの影響でF1がアジアを訪れることはなくなった。

ザク・ブラウンはF1のモデルとしてシンガポールでのレースを歓迎しており、レース週末を“アジア太平洋ダボス”と呼んだ。

「シンガポール上に多くのグローバルCレベルの幹部がビジネス上の理由で出席するレースはない」とザク・ブラウンはは語った。

「シンガポール政府とレースのプロモーターを称賛する。それは素晴らしいレースであり、もっと多くの“シンガポール”が必要だと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1スポンサー