マクラーレン、ルノーF1のテスト妨害で緊張関係は不可避?
マクラーレンとルノーF1は、パートナーシップ最終に良好な関係を望むことはできないかもしれない。

マクラーレンは、ホンダに代えて2018年からルノーのF1パワーユニットを搭載。昨年はパフォーマンスを大幅に向上させて、ルノーF1を上回るコンストラクターズ選手権4位でシーズンを終えた。

だが、マクラーレンは2021年からメルセデスのF1パワーユニットに切り替えることが決定している。

現在、各チームは2020年のF1世界選手権の再開にむけて事前テストを行っているが、マクラーレンは2年落ち以上のマシンでの無制限の走行も2020年F1マシンを利用した100kmの走行も実現することはできなかった。

その2つの機会を奪ったのはルノーF1が両方のマシンのためのエンジンを供給することを拒んだからと伝えられている。

Sky Sports のテッド・クラヴィッツは「マクラーレンによる正式な発表はないが、アンドレアス・ザイドルのボッドキャストでルノーのエンジンを使えない、もしくは彼らがエンジンを供給することを望んでいないことが明らかになった」とコメント。

「それがルノーが2018年マシンでレッドブル・リンクに現れたのに対し、マクラーレンがフィルミングデーをスケジュールできず、カーリンとテストを行わなければならなかった理由だ」

また、マクラーレンは、2021年のドライバーとしてルノーF1からダニエル・リカルドを引き抜いている。

コンストラクターズ選手権でルノーF1はマクラーレンのテスト不足の恩恵を受けるかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ルノー