マクラーレン 「2020年F1マシンの開発を妥協するつもりはない」
マクラーレンは、2020年F1マシンの開発を妥協するつもりはないと語る。

ここ数年苦戦を強いられていたマクラーレンは、今年“ベスト・オブ・ザ・レスト”となるコンストラクターズ選手権4位に位置しているが、F1イタリアGPではルノーが22ポイントを獲得してその差を18ポイントまで縮めてきた。

だが、マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、マクラーレンは2020年にむけてさらに速いクルマを開発するという計画を引き続き進めていくと語る。

「今年のために2020年マシンの開発を妥協するつもりはない。来年は我々にとって非常に重要だ」とアンドレアス・ザイドルは Marca にコメント。

コンストラクターズ選手権の4位と5位とでは数億円単位の賞金の差になるが、アンドレアス・ザイドルは、2019年マシンの開発は徐々に減らしていくと語る。

「少なくとも今後2~3レースでは小さなものを投入する。そこからはよりオープンになる」とアンドレアス・ザイドルはコメント。

「もちろん、我々はできる限り4位を争いたいと思っているが、来シーズンのことも妥協できない。今シーズンに臨むおのと、来シーズンとでは異なる計画があり、我々はそれを続けていく」

「過去2レースで我々は後退したが、このようなことは起こるものだ。それもスポーツの一部だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン