F1 マクラーレン カルロス・サインツJr.
マクラーレンのカルロス・サインツは、開幕戦オーストラリアGPでの故障により、2019年のF1世界選手権の2戦目にして早くも2基目のMGU-Kの投入を強いられることになった。

カルロス・サインツは、F1オーストラリアGPでMGU-Kの故障によってマシンから白煙を上げてコース脇にストップ。2019年のリタイア第1号となった。

調査の結果、故障は修復できるものではなく、マクラーレンとルノーはカルロス・サインツのマシンに2基目のMGU-Kを投入することを決断。今年のレギュレーションではMGU-Kの使用は2基に制限され、それ以降はグリッド降格ペナルティを受けることになるため、サインツは劣勢に立たされることになった。

マクラーレンは、すでに冬季テストからMGU-Kの問題に見舞われており、カルロス・サインツはエネルギー回生システムが彼のマシンの“弱点”であると認める。

「ルノーがそれを調査してくれているといいいね。彼らがここ数日間でそれを調査して問題の原因を見つけてくれていることを願っているよ」とカルロス・サインツはコメント。

「僕たちは今回のレースのためにいくつかの解決策を講じたし、それらがうまくい機能するかどうかを見てみる必要がある。でも、テスト中にいくつか故障しいていたのは事実だし、それがマシンの弱点だ」

「我々はこれ以上ポイントをごみ箱に投げ捨てないようにするために仕事を続けていく必要がある。オーストラリアでそれらのうちのいくつかを捨ててしまったからね」

ここ数年、ルノーのF1パワーユニットは信頼性が大きな問題だった。カルロス・サインツは、たとえパフォーマンスが改善されているとしても、開幕戦というシーズンの早い段階で故障してしまったことにフラストレーションを感じていると語る。

「ストレートでは強力なパワーユニットだ。我々は正しい方向に前進を果たしたし、間違いなくそれを歓迎するけど、開幕戦の11周目でリタイアするのは十分ではない」

カルロス・サインツは、メルボルンからのスピードトラップデータがパワーゲインについていくつかの有望なニュースを提供したことはポジティブな点だと語る。

「レースでも予選でも良いパワーを得ているように感じた」とカルロス・サインツはコメント。

「昨年の僕たちのトップスピードは、予選セッションで10~12km/h遅れていたけど、今年は私たちはわずか2~3km/ho遅れているだけだと思う」

「ダウンフォースによるものではあるけど、エンジンが改善されたことにもよる」

「残念ながら、スピードが良いかどうかは気にしていない。シーズンの開幕戦で11周目を通過できなかったんだからね。そこを改善できることを期待している」

関連:2019年 F1バーレーンGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ルノー / カルロス・サインツJr.