F1 マクラーレン ルノーF1 ホンダF1
マクラーレンのチーフエンジニアを務めるマット・モリスは、ルノーにはホンダよりもパワーユニットパートナーとして豊富な経験があり、作業面でそのメリットを感じていると語る。

ホンダとの不遇の3シーズンを過ごしたマクラーレンは、パートナーシップを早期に解消し、2018年からルノーのカスタマーになるという決断を下した。

冬季テストまで2週間を切り、2018年F1マシンの準備が大詰めを迎えるなか、マット・モリスは、過去11年間レッドブルにF1エンジンを供給しているルノーの経験の大きさを実感することになったと語る。

「大きな違いは、本質的にはるかに多くの経験を有したルノーのすべてのスタッフと話をしていることだと思う」とマット・モリスはコメント。

「現場のスタッフはホンダのスタッフよりもはるかに長くその仕事をしている。それは事実だ。そのおかげで我々はパッケージングをかなり迅速に行うことが可能になったと思う」

「我々には大きな質問のリストがあった。『これをするには2週間かかる。24時間以内にすべてのっ情報を揃える必要がある』 ルノーはカスタマーチームが同じような情報を要求することになれているので、全ての情報が揃う。現時点ではおそらくそれが最大の違いだと思う。とにかく彼らには経験がある」

「それはファクトリーでも同じだ。ホンダよりも成熟している。派手なダイナモなどはないかもしれないが、彼らにはより多くの経験がある。現在、我々は彼らとダイナモで作業をしているが、そこでもまさにシームレスだった。我々のギアボックスを持ってきて、それをエンジンの後方で動かすのは本当に簡単だったし、有益なプロセスだった」

マクラーレンがルノーへ変更するという決定が遅れたことで、マクラーレンはその対応に2週間の時間を要したというが、シャシー部門のチーフテクニカルオフィサーを務めるティム・ゴスは、今後パワーユニットに変更を希望するエリがいくつかあると認める。

もっと多くの時間があれば、マクラーレンはルノーに具体的な要求を出していたかと質問されたティム・ゴスは「それは確かだ。彼らは耳を貸してくれる」とコメント。

「我々はいくつか変更を加えたし、エンジンをクルマに組み込むには短い時間しかなかったので、あまりに多くのことを再構成する時間はなかった。だが、異なるレイアウトの異なるエンジンであり、我々はいくつかやり方を考え直す必要があった。2019年にむけて彼らが何を適応できるかについてすでにルノー(ヴィリー)と会話をしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ルノー | ホンダ