マクラーレン・ホンダ F1
マクラーレン・ホンダは、F1モナコGPで大幅アップデートの第2弾を投入する。

マクラーレン・ホンダは、前戦F1スペインGPで、新型ウィング、フロア、その他ボディワークにアップデートを投入。フェルナンド・アロンソが予選7番手を獲得し、励みになる結果を得ていた。

以前は、風洞とCFDのデータとコース上での相関関係が弱点だったマクラーレン・ホンダだが、バルセロナで良い相関関係を示していた。

マクラーレン・ホンダのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、それによって次のアップグレードパッケージが機能するという自信を高めてくれていると語る。

「我々はチームを再編成し、組み立て直した。今はそれが機能しているし、とてもうまく動いている」とエリック・ブーリエは Autosport にコメント。

「結果にも表れている。我々の相関関係率は信じられないくらいだ」

「スペインには新しいフロントウイング、リアウイング、ボディワーク、新しいフロア、を持ち込んだ。その95%が相関していた」

「今年の新しいレギュレーションによって、風洞やCFDで作業するたびに大きなゲインが得られるし、我々にはまだ大きなポテンシャルがある」

「スペインでクルマに搭載したものはパッケージの第1弾であり、第2弾がモナコで入る」

「それは我々とフェルナンドを中団にステップアップさせた。これは事実であり、ファンタジーではない」

フェルナンド・アロンソは、オープニングラップでのフェリペ・マッサとの接触とトラフィックに引っかかったことにより、12位でレースをフィニッシュした。

だが、エリック・ブーリエは、現在のマクラーレン・ホンダのマシンにはトップ10に入る実力があると考えている。

「それは願望ではない。我々はパワーセンシティブが少ないトラックではポイントを獲得できる」とエリック・ブーリエはコメント。

「だが、我々は7位のためにレースをしているわけではない。私は土曜日にマンスール(オジェ:マクーランレンの株主)と話をした」

「彼は予選に興奮していた。フェルナンド(アロンソ)がゲインを得ている場所、失っている場所がわかるライブテレメトリーを見ているときは特にね」

「残り3秒では『よし、またステップを果たした!』となるが、次には『ただの7番手だ』と考える。本気では興奮できない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1