フェリペ・マッサ ウィリアムズ F1
フェリペ・マッサは、F1最後のレースとなるアブダビGPを最大限に楽しむつもりだと語る。

フェリペ・マッサは、F1アブダビGPの予選Q2で過去に屈辱的な“Fernando, is, faster, than, you”というチームオーダーを聞かされることになった宿敵フェルナンド・アロンソを蹴落として最後の最後で上回りQ3に進出した。

予選後、フェリペ・マッサは「明日は楽しみたいね。失うものは何もないし、あらゆるリスクを冒せる。楽しもう」と満足げ気にリポートにコメント。

「引退するには最適だ。良いラップタイム、良いレース、ベストを尽くして締めくくる。堂々と競争することができて嬉しいよ」

フェリペ・マッサはヤス・マリーナ・サーキットを得意としており、過去8年間を常にトップ10内からスタートして、ポイントフィニッシュしている。

「良かったよ。ラップにはとても満足している。どうやってQ3に進出したのかわからないし、限界に達していた。僕たちは10位だけど、それが今日達成できる最大限だったと思う」

「やれることはすべて試し、ベストを尽くしたし、ブレーキを遅らせて、早めにスロットルを開けた。うまくいったね。残念ながら10番手だったけど、ラップはパーフェクトだった」

日曜日には268戦、10勝、31回の表彰台を獲得したフェリペ・マッサの15年間のF1キャリアは終わりを迎える。

「堂々とフィニッシュして、自分がトップの競争力にあることを示した。自分が成し遂げたことにとても満足しているし、明日のレースを本当に楽しみにしている。ポイントを獲得できてら最高だね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェリペ・マッサ / ウィリアムズ / F1アブダビGP