ランド・ノリス 「F1デビューシーズンはうつ病に苦しんだ」
マクラーレンのランド・ノリスは、F1シーンに登場したときに直面した苦労についてオープンに語り、自分が直面した疑いとプレッシャーにとってしばしば鬱状態になっていたと明かした。

前戦F1ロシアGPで、終盤の雨でF1初勝利のチャンスを逃すことになったランド・ノリスは、過去の自分のメンタルヘルスの闘争について語った。

ランド・ノリスは、ITVのディスモーニングショーで改めてこのトピックを取り上げ、F1ドライバーであるという現実はファンに提示されたイメージとは大きく異なる可能性があると語った。

「人々は、テレビを見ているとき、ドライバーが経験する多くのことに気づいていないと思う」とランド・ノリスは語った。

「それは少し残念なことだ。でも、ドライバーが舞台裏でどのようになっているか、そして、彼らが対処しなければならないプレッシャーとストレスの量を見ることができるプログラムが増えている」

「特に僕の年齢、19歳でF1に入ると、多くの目が向けられる。それで、そういったいろいろな種類のことに対処することは、僕に大きな打撃を与えた」

ランド・ノリスは、F1でのルーキーシーズンでは、常にパフォーマンスへのプレッシャーを感じており、自分がスポーツを続けるのに十分かどうかの心配が自身に影響を与えていたと語った。

「次はどうなるかわからないような気がした。『これがうまくいかなかったら、次のセッションに出て行ってパフォーマンスを発揮できなかったどうなるのか? このすべての結果はどうなるのか? 来年はF1にいることができるの? そうでない場合はどうすればいいんだろう? 人生で他の多くのことは僕はあまり得意ではない』とね」

「悪い週末を過ごしたらどうしよう、僕は十分に良くないのではないかなど、多くの時間で気分が落ち込んでいた」

「シーズン中にそれらが積み重なっていって、ソーシャルメディア側がいろいろなことがあると、本当に傷つけ始めてしまう可能性がある」

マクラーレンはメンタルヘルスの慈善団体『マインド(Mind)』とパートナーシップを結んでおり、ランド・ノリスはそれが自分だけでなく、マクラーレンチーム全体にとって非常に役立っていると述べた。

「僕たちはマインドと提携している。マインドは僕を大いに助けてくれた。また、マクラーレンの他の多くの人々だけでなく、世界全体でも助けてくれている」とランド・ノリスは説明した。

「マクラーレンと話をして、周りにいる人々、僕が信頼している友人、そして、マインドとも話をして、僕は今、はるかに良い場所にいる。とても幸せだし、自分がやっているすべてのことを楽しむことができている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン