ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルF1からの電話を待っている」
2021年のレッドブル・ホンダF1のドライバー候補に挙げられているニコ・ヒュルケンベルグは、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコからの「電話を待っている」と語る。

レッドブルF1の首脳陣は、アレクサンダー・アルボンが2021年のレッドブル・ホンダのレースシートを維持するために“数レース”の猶予を与えていたが、F1ポルトガルGPではスタートで出遅れて12位フィニッシュと最悪の週末を過ごした。

レッドブルF1首脳陣が、アレクサンダー・アルボンの後継者として独自のドライバープログラム外のドライバーを検討しているのは今や秘密ではなく、ニコ・ヒュルケンベルグもしくはセルジオ・ペレスと契約する可能性がある。

元レッドブルのドライバーであるロバート・ドーンボスは、F1ポルトガルGPはアレクサンダー・アルボンのシート喪失のとどめを刺すレースとなったと語る。

「チームから改善することを伝えた後、チームメイトに周回遅れにされれば、評判も失われるものだ」とロバート・ドーンボウは ZiggoSport に語った。

「F1は究極のスポーツだ。食うか食われるかだ」

マックス・フェルスタッペンは、オランダ語を話す仲間のニコ・ヒュルケンベルグは“良いチームメイト”になると考えていることを認めるが、自分にとっては誰がチームメイトは重要ではないと語る。

「F1に入ったときは、経験豊富なチームメイトがいることが役に立った」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「でも、このスポーツで5~6年過ごしているので、そのためのセカンドドライバーは必要ない。現時点では僕たちにはチャンピオンシップを争うための十分な強さがないので、問題ではない」

「でも、僕たちがメルセデスの近くにいて、いくつか戦略的なことをしたい場合、そこに2人目のドライバーがいれば便利だろう」

レッドブルのドライバープログラムを監督するヘルムート・マルコは、2021年のドライバーについて決定を下す必要がある時期が近づいていると語った。

アレクサンダー・アルボンには、自分自身を証明するためにどれだけの時間が残っているかと質問されてヘルムート・マルコは「12月初旬までと言っておきたい」と Salzburger Nachrichten に語った。

「ざっくり言えば2~3レースだ」

ニコ・ヒュルケンベルグは、ドイツのテレビ局 RTL に「ヘルムートからの電話を待っている」と語った。

レッドブルのドライバー決定に影響を与えることはあるかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「僕が決めることではない。僕がそういった決断をすることはない」とコメント。

「チームの経営陣は僕に意見を聞いてくるけど、僕にとってそれほど重要ではない。何が起こるか見てみよう」

最後に、マックス・フェルスタッペンは、2020年の選手権は諦めており、事実上メルセデスの2人に次ぐ3位で終えることになると語る。

残り5レースへのアプローチについてマックス・フェルスタッペンは「普通にいけば僕たちは3位なので、不必要なリスクを冒しても意味はない」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / レッドブル / ホンダF1