F1 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノーF1
ニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーの問題はエンジンよりもシャシー側の方が比重が大きいと考えている。

ルノーは2019年にダニエル・リカルドの加入が加入する。レッドブル・レーシングからの電撃離脱を発表して以来、ダニエル・リカルドはトラブル多発に悩まされ、一度も表彰台に上がれずにいる。

しかし、ルノーはグランプリウィナーであるダニエル・リカルドの加入を楽しみにしていると語る。

「新しいドライバー、新しいモチベーション、新しい考え方、新しい経験だ」とルノーのトラックサイド・オペレーションズ・ディレクターを務めるアラン・パーメインは Auto Motor und Sport にコメント。

「我々がカルロス(サインツ)を好きでなかったというわけではない。だが、新鮮な風が入ってくるのは常に良いことだ」

チームメイトとなるニコ・ヒュルケンベルグもダニエル・リカルドの加入を勧化している。

「ダニエルは何度もグランプリに勝っている。彼は速し、意欲的だ」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「僕は速さと一貫性という自分の宿題をこなさなければならない」

「その場合、僕は常にチームメイトを倒してきた」

しかし、ダニエル・リカルドとの契約以外にもルノーには果たさなければならない大きな役割がある。

ニコ・ヒュルケンベルグは「現在、メルセデスとフェラーリには予選ではるかに大きいなパワーがある」と語る。

しかし、ニコ・ヒュルケンベルグは、上位勢と比較してルノーの問題の“60%”はマシンにあると評価している。

ルノーは、エンストンの本拠地を強化しており、2019年までに従業員を約800名まで増やす計画を進めている。

しかし、ニコ・ヒュルケンベルグは、今年、上位チームはルノーよりも先行していると語る。

「彼らは僕たちがまだ理解していないことを理解している。僕たちはこの謎を解かなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ルノー