ホンダF1 「PUの改善はレッドブル・ファミリーとの仕事上の関係の結果」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、昨年、ホンダのF1パワーユニットが大きな改善を果たしたのはレッドブル・ファミリーとの仕事上の関係が大きいと語る。

ホンダF1は、2015年にマクラーレンのパートナーとしてF1に復帰。しかし、パワーユニット時代に1年遅れで参入したホンダのF1パワーユニットは信頼性と競争力に欠け、マクラーレンとの関係にも亀裂が入り、3シーズンでマクラーレン・ホンダは決別した。

マクラーレン・ホンダが機能しなかった原因のひとつとして、イギリスのマクラーレンと日本のホンダとの“文化”の違いが挙げられている。

2018年、ホンダF1はトロロッソと新たなパートナーシップを開始。トロロッソは、イタリア本部のスタッフが非常に異なる日本の文化を理解するためにセミナーやワークショップを開始するなど歩み寄り、良好なかたちでパートナーシップはスタートした。

「2017年の冬に我々が初めて共同作業を始めて以来、ホンダにいたすべての人にとって、我々とすべてを共有することを望んでくれる組織であることは明らかでしたし、日本の働き方を理解しようとさえくれました」とホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治はコメント。

「真のパートナーシップであり、2018年シーズンからまさに成果をもたらし始めました。昨年、トロロッソとしての最終シーズンでは、10年以上にわたる最高の結果を残しましたし、ドイツとブラジルで3位と2位はそれぞれハイライトでした。これらの結果は、シャシー、空力、PU側の改善のおかげです。しかし、素晴らしい仕事上の関係の結果という部分も大きいです。すべての問題が学びの機会であり、すべての成功が我々の間で共有されています」

「レッドブル・テクノロジーによってリンクされた同じファミリーの一員であるため、開発のスピードを上げることができましたし、それが今シーズンにも引き継がれます。当然のことながが、PUからさらにパワーを引き出すために非常に懸命に取り組んでいます。もちろん、パワーは信頼性なしでは成り立ちません。今年は、22レースからなるF1史上最長のカレンダーになるのでさらに挑戦的です」

「PUに関連する技術規制は昨年からほとんど変わっていません。したがって、2019年に4台すべてのクルマで得た経験に基づいて進歩を遂げることができました。どのスポーツでも、パフォーマンスはライバルのパフォーマンスとの関係でのみ判断できるため、レースを開始するまで我々がどれだけ成功できるかを予測することは不可能です」
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、アルファタウリに名前を変えるチームとの3年目を楽しみにしていると語る。

「2020年はこのチームとの3年連続のシーズンになりますし、とても楽しみにしています」と田辺豊治は語った。

「新しい名前のスクーデリア・アルファタウリが大きな関心を集めることは間違いありませんが、その背後では過去2年間にわたって我々に貢献してきた同じ戦いの精神を誰もが共有していることをわかっています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / トロロッソ / アルファタウリ