ヒスパニア・レーシング
ヒスパニア・レーシングの脆弱な財政状況がモンツァで露呈された。

他チームがイタリアGPにローダウンフォース・パッケージを用意するなか、ヒスパニア・レーシングはモナコを含めたこれまでのシーズンと変わらない従来型のパッケージで挑み、予選ではヴァージンから1秒遅れで最後尾に並んだ。

GPweek によれば、モンツァの超高速ストレート向けにローダウンフォース・パッケージを設計しなかったのはここ数十年でヒスパニア・レーシングが初めてだという。

ブルーノ・セナは、テスト不足のためモンツァに向けて土壇場で改良することは安全性の妨げになっただろうと語る。

「ちょっとしたラッシュだったし、残念ながら無理だった」

シーズン前半にダラーラとの契約を解消したヒスパニア・レーシングは、今シーズンF110に全くと言っていいほどアップデートを施していない。

そんなヒスパニア・レーシングの財政状況に追い打ちをかけるかのように、イタリアGPでは山本左近のピットストップでのメカニック事故についてチームに2万ドルの罰金が科せられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: HRT