ダニエル・リカルド
ヒスパニア・レーシングは、ダニエル・リカルドをチームの正ドライバーとして起用する契約をレッドブルと締結したことを発表した。

ダニエル・リカルドは、F1イギリスGPからナレイン・カーティケヤンに代わってヒスパニア・レーシングでレースに参戦する。だが、初開催となるF1インドGPを控えるナレイン・カーティケヤンもチームの正ドライバーとしてチームに残留し、母国グランプリには出場するとみられている。

7月1日に22歳の誕生日を迎えたオーストラリア人のダニエル・リカルドは、今年トロ・ロッソのテスト兼リザーブドライバーとして全グランプリの金曜フリー走行1回目に出走していた。

ホセ・ラモン・カラバンテ (ヒスパニア・レーシング:チームオーナー)
「今回の合意は、ヒスパニア・レーシングが昨年F1をスタートしたときから、我々が示した全ての激務への償いだ。我々はF1ワールドチャンピオンチームが彼らのドライバー開発において我々を信頼してくれたことを誇りに思っている。これが実りの多い関係のスタートになることを期待している」

コリン・コレス (ヒスパニア・レーシング:チーム代表)
「ダニエルをチームに迎えることを嬉しく思っている。私が個人的に尊敬しているヘルムート・マルコ博士とチームがこの契約をまとめられたことを嬉しく思っている」

ダニエル・リカルド
「夢が語った。初めてF1のスターティンググリッドに並べるんだ! 現実だと確信するために数回つねらなければならなかったよ。興奮しているし、シルバーストンで走るが待ち切れない。新しいチャレンジ、新しい経験、新しいチームだけど、準備はできているし、どのイベントでもベストを尽くすつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: HRT | ダニエル・リカルド