アラン・プロスト 「ルイス・ハミルトンがF1を続ける可能性は五分五分」
アラン・プロストは、沈黙を続けるルイス・ハミルトンがF1を続ける可能性は「五分五分」だと考えている。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPのF1レースディレクターのマイケル・マシが決定した物議を醸すセーフティカー手順の後、最終ラップでライバルであるマックス・フェルスタッペンにリードを奪われてタイトルを失った。

メルセデスF1は、マイケル・マシに激怒。最終的に上訴する計画を取り下げたが、2021年のFIA年間表彰式をボイコットしている。

ルイス・ハミルトンは、パルクフェルメでのレース後の短いインタビュー以来、沈黙を続けており、1月7日の37歳の誕生日を迎えてもソーシャルメディアから離れている。

これらの出来事は、ルイス・ハミルトンがF1で将来を検討しているという憶測を引き起こし、F1を継続するかはアブダビでの終了間際の出来事について完全な調査を行うと発表したFIA(国際自動車連盟)の応答に依存するとも伝えられている。

4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、ルイス・ハミルトンが絶頂期でF1を離れる可能性があるとも考えている。プロスト自身、1シーズンの復帰を果たす前、ウィリアムズと最後のタイトルを獲得した1992年にF1を離れている。

アラン・プロストは、ルイス・ハミルトンがメルセデスF1との2年間の契約を履行し続けることを望んでいるが、ヤス・マリーナで起こったことの結果として彼が心理的損傷を受けたのではないかと疑っている。

「その人の立場になって考えるのは難しい」とアラン・プロストはLe Journal du Dimancheに語った。

「彼には、続けるのと同じくらい辞める理由がたくさんある。五分五分だ。彼は心に大きな打撃を与えたが、彼が来シーズンここにいなかったら本当に悲しいだろう」

2022年にはF1に全く新しい技術規則が導入されるが、ルイス・ハミルトンが、前人未踏の8回目のF1ワールドチャンピオンを争うためにF1に残れば、当j全のことならがF1界から称賛されるだろう。

「8回目のタイトル、新しいテクニカルレギュレーション、おそらくトップに3つのチームがあり、4〜5人のドライバーがタイトルを争うかもしれないので、楽観的になりたい」とアラン・プロストは語った。

「それはハミルトンが引き受けたいと思う挑戦かもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス