ルイス・ハミルトン、“ブラック&パープル”の新ヘルメットを公開 / メルセデスF1
F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンが、Black Lives Matter活動をサポートするために2020年のF1世界選手権で使用する“ブラック&パープル”の新しいヘルメットのデザインを公開した。

新しいデザインはブラックがメインカラーとなるが、元々2020年のヘルメットで使用していたパープルが保持されている。頭頂部にはBlack Lives Matterスローガンと握りこぶしが組み込まれている。

ヘルメットデザインの変更は、反人種差別とモータースポーツの多様性を高めるための幅広い取り組みの一環として、メルセデスF1がW11のカラーリングを伝統的なシルバーカラーからオールブラックの“ステルス”カラーリングに変更したのに続いて調整された。

メルセデスF1は、W11の新しいカラーリングに加えて、ルイス・ハミルトンとチームメイトのバルテリ・ボッタスが着用するレーシングスーツもブラックに変更。

ルイス・ハミルトンは、パーブルは好きな色であり、“シーズンのスタートにむけて計画していたデザイン”だと説明。

「Black Lives Matterのロゴがヘルメット、スーツ、マシンのカラーを変更した全体的な理由だ」とルイス・ハミルトンはコメント。

「それは何よりも平等をサポートし、その重要なメッセージを本当に固め続けている。僕たちは現在マイクを持っており、人々は今耳を傾け始めている。そのメッセージをプッシュし続け、人々に責任を負う絶好の機会だ」

「ブランド、チーム、F1、そしてここにいる全員が責任を負う必要があるし、彼ら自身を教育することにオープンだ。そして、なぜブラックライブズムーブメントが起こっているのか、そして、なぜ世界中で平等を推進する必要があるのか理解することにオープンでなければならない」


バルテリ・ボッタスも変更されたヘルメットのデザインを公開。「Stronger Together」というメッセージと連帯して結び付けられた、さまざまな民族的背景の手のイラストがデザインされている。

バルテリ・ボッタス 2020年 ヘルメット

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / ヘルメット / メルセデス