F1 ルイス・ハミルトン マックス・フェルスタッペン
5度のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、2019年はセバスチャン・ベッテルよりもマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールといった若手を倒すことに苦労するかもしれないと考えている。

今シーズン、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を倒してチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンだが、すでにメルセデスには来シーズンに向けてやらなければならないことがあると主張する。

「もちろん、僕たちは最後までシーズンを戦っているし、目を向けていくエリアは常にある。僕たちは全てのレースで勝てたわけではないし、シーズン序盤はいくつか不運な出来事もあった。常に改善の余地はある」

「それができると期待しているし、それは自分自身への期待でもある。この冬にやるべきことがあるし、少しアプローチは修正されていくだろう」

ルイス・ハミルトンは、2019年に戦うべきドライバーとして、フェラーリに移籍するシャルル・ルクレール、ホンダのF1エンジンを搭載するマックス・フェルスタッペンという二人の若手の名前を挙げた。

「もちろん、すべてを出し尽くさなければならない。若手が台頭しているからね。フェラーリのルクレールは自分を証明することにハングリーだし、マックスもまだ自分を証明することにハングリーだ。僕も絶好調で戦わなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | マックス・フェルスタッペン | シャルル・ルクレール