ティモ・グロック
ティモ・グロックは、ヴァージンとの新しい3年契約にサイン。2014年末までヴァージンに残留することになった。

ティモ・グロックは、2009年にトヨタがF1から撤退したあと、2010年にヴァージンに加入した。

「マルシャ・ヴァージン・レーシングが、僕の今後数年間のF1キャリアのホームになることを発表したことをとても嬉しく思っている」とティモ・グロックはコメント。

「特に今日、ドイツでのホームグランプリに先駆けてこのニュースを発表できたことを嬉しく思っている」

「予想はしていたけど、ここ18月間のレースはかなりタフだった。ドライバーとして前進するために少し後退しなければならないことはわかっていた」

ティモ・グロックは、冬休みにチームが十分に前進しなかったと感じたため、2011年序盤に不満を表明していた。しかし、ヴァージンは、マクラーレンとの技術提携、ワース・レーシング・テクノロジーの買収など、大きな変化を迎えている。

「困難な時期を共に味わった今、チームと良い時代を味わい始めることが待ち切れない。そうなることはわかっている。マルシャの信念、そしてチーム全体のハードワークとコミットメントを見てきた」

「マクラーレンとの技術提携、チーム全体と一緒にもたらすさらなるステップによって、僕たちは一緒にゴールを達成できると信じでいる。今年、僕たちは信頼性のあるマシンの造り方をわかっていることを証明してきたし、今あるリソースによって、それにハイパフォーマンスなマシンを加えられるはずだ。段階的ではあるけど、大きなステップだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ティモ・グロック | ヴァージン