FIA、ハースF1チームの抗議を受けてブラック&オレンジ旗の使用を見直し
FIA(国際自動車連盟)は、F1アメリカGP後にハースF1チームが起こした抗議を受け、ブラック&オレンジ旗がどのような状況で使用されるべきかを再検討することを約束した。

ハースF1チームのドライバーであるケビン・マグヌッセンは、今年3回にVF-22 のフロントウィングエンドプレートに損傷を与えた後、ドライバーに修理のためのピットインを要求するブラック&オレンジ旗を提示された。

F1アメリカGPでは、セルジオ・ペレスがフロントウイングエンドプレート、フェルナンド・アロンソがミラーをぶら下げたまま走行。後に両方ともマシンから外れ、2台とも完走している。

それを受け、ハースF1チームはレッドブル・レーシングとアルピーヌF1チームに抗議した。

レッドブル・レーシングへの抗議はすぐに棄却されましたが、当初、ハースF1チームのフェルナンド・アロンソに対する抗議は勝利し、アロンソに30秒のペナルティが科された。アロンソは、レース中に右側のウィングミラーを失っていた。

結局、アルピーヌF1チームの抗議によってフェルナンド・アロンソのペナルティは取り消されたが、それはハースF1チームの抗議が30分の時間内に行われなかったという手続き上の問題で片づけられた。

ただ、スチュワードは決定を覆したが、アロンソがレース中にブラック&オレンジ旗を提示されなかったことへの懸念を繰り返した.

スチュワードは最新の決定で「そのような問題を監視するための手順を導入することを強く推奨し、必要に応じて、チームへの無線連絡またはブラック&オレンジ旗の提示のいずれかを通じて、過去に何度も行われたように問題を修正する必要がある」と語った。

「また、FIA会長がブラック&オレンジ旗の使用について見直しを開始したことも理解している」

フェルナンド・アロンソは、注意が必要な緩いパーツが車にある場合、ドライバーはレースディレクターに行動を起こしてもらう必要があると語った。

「車内では、どのようなダメージを受けているか、どの空力デバイスが後続の車に落そうになっているかさえわからないことがある」とフェルナンド・アロンソは説明した。

「だから、僕たちはレースディレクターに頼ることしかできないし、できる限り速く車を運転するだけだ」

「おそらくそのフラグをもっと頻繁に使用する必要があるかどうかは、FIAとチームが確認する必要がある決定だ」

「F1は過去40年、50年で大きく変化したと思うし、多くの空力デバイスがレースのボーダーラインにあるので、それについて適切なルールがあることを確認する必要がある」

しかし、フェルナンド・アロンソは、ブラック&オレンジ旗がより頻繁に使用されれば、より多くのリタイアがありそうだと考えている.

「ブラック&オレンジ旗が見えたら、車を止めてリタイアしなければならない。それらの修正するのは非常に難しいと思うからね。フロントウイングが一番簡単かもしれないけど、それ以外は難しいと思う」

セルジオ・ペレスのウィングに関して、ギュンター・シュタイナーは、エンドプレートが保持されていた場合、ブラッグ&オレンジフラッグに繋がった可能性があるが、接触後すぐに飛び去った場合にはドライバーはペナルティを免れるというという特異性を強調した。

「フロントウイングでは、2つの方法で測定されているようだ。それを失った場合はOKだ。だが、ぶら下がっている場合、落ちることはないと言っても駄目だ。それが違いだ」とギュンター・シュタイナーは語った。

「フロントウイングを作るにはさまざまな方法があるが、我々はまったく飛ばない安全な方法を選んだ。だが、つけたままにするよりも、飛ばした方が安全ということになるだろう」

ケビン・マグヌッセンは以前、今年初めにブラック&オレンジ旗を彼に提示する決定を批判し、彼がそのような軽微な違反で罰せられるのであれば、他の人も同様に罰せられるべきだと考えていると語った。

「彼らは一貫している必要がある」とケビン・マグヌッセンは語った.

「それらのパーツが飛び散って危険であるという議論は十分に理解できるが、今年3回一貫してブラッグ&オレンジ旗が提示されている場合、今日、車のパーツが緩んでいても、ブラック&オレンジ旗を提示されない人々がいるのを見るのは非常に苛立たしいことだ」

「僕には理解できない。つまり、僕がブラック&オレンジ旗を提示されたこれらのレースでは、ポイントを獲得できた可能性があった。そして、それはコンストラクターズチャンピオンシップのポジションだったかもしれない。それは多額の価値があり、実際にはチームとしての僕たちの将来にとって有害だ

「彼らがどちらの方向に進んでも、一貫してその方向にとどまってならば、僕はあまり気にしない」

「ブラック&オレンジ旗を使用する前に、レースディレクターは、パーツが脱落する可能性と安全上のリスクがあるかどうかを検討する必要がある」

「実際にちょっとぐらいの接触なら大丈夫なように、もう少し自由であってほしいと思う。走っていると、エンドプレートが外れているかどうかはほとんど感じない。問題はない。車はまだレース可能で速い。

「それが誰かの頭に当たった場合、もちろん、議論するけど、その破片が実際にダメージを与えるのに十分な大きさかどうかはわからない」

「また、構造上、実際にはそう簡単に脱落しないということもある。落ちる可能性は限りなく低い。とにかく、いずれにせよ、それは誰にとっても同じでなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / F1マシン