2021年のF1世界選手権:セッション開始時刻を発表
F1は、2021年のF1世界戦選手権のカレンダーで確認されている各レースのセッション開始時刻を発表。決勝は昨年までの10分からのスタートではなく、0分ちょうどにフォーメーションラップが開始される。

また、これまでFP1とFP2は伝統的に90分間のセッションが行われていたが、2021年以降はこれまでのFP3と同じくすべてのプラクティスセッションは60分間となる。これにより、各F1チームは予選と決勝のためのセットアップを煮詰めるためにより多くの走行を実施することを余儀なくされる。

2021年のF1世界選手権は、3月26日(金)からF1バーレーンGPで開幕。金曜日のプラクティスは現地時間14時30分から行われる。

2021年のF1世界選手権

GRAND PRIX 決勝現地時間 日本時間
バーレーン3月28日18:0024:00
イタリア(イモラ)4月18日15:0022:00
TBC5月2日TBCTBC
スペイン5月9日15:0022:00
モナコ5月23日15:0022:00
アゼルバイジャン6月6日16:0021:00
カナダ6月13日14:0027:00
フランス6月2日15:0022:00
オーストリア7月4日15:0022:00
イギリス7月18日15:0023:00
ハンガリー8月1日15:0022:00
ベルギー8月29日15:0022:00
オランダ9月5日15:0022:00
イタリア(モンツァ)9月12日15:0022:00
ロシア9月26日15:0021:00
シンガポール10月3日20:0021:00
日本10月10日14:0014:00
アメリカ10月24日14:0028:00
メキシコ10月31日13:0028:00
ブラジル11月7日14:0026:00
オーストラリア11月21日17:0022:00
サウジアラビア12月5日19:0025:00
アブダビ12月12日17:0022:00


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA