F1 フェラーリ スクーデリア・フェラーリ 2018年のF1世界選手権
フェラーリの2018年F1マシン『SF71H』と2018年型F1パワーユニット『062 EVO』の主要諸元およびスペックが発表された。

フェラーリは22日(木)、マラネロで新車発表会を開催。2018年のF1世界選手権を戦うマシン『SF71H』をお披露目した。

昨年のマシン名はフェラーリの70年の歴史を表して「SF70H」と名付けられたが、今季は単純にそこに1年が追加された。

2018年のF1レギュレーションは昨年から大幅な変更はないが、コックピットッ保護デバイス『Halo』、そして、シャークフィン、モンキーシート、Tウイングの廃止により、ルックス的には昨年から大きく変わることになる。Haloの追加により、マシンの最低重量は733kgにアップしている。

フェラーリ SF71Hは、基本的に昨年モデルからの進化版ではあるが、ホイールベースは延長され、リア周りはよりタイトなものに変貌を遂げている。昨年モデルの“攻めた”サイドポッドは他チームも追従しているが、SF71のサイドポッド周りは非常に複雑な構造へと進化している。レッドに塗られ、前面に跳ね馬のロゴがついたHaloにはフェアリングが追加されている。

昨シーズン後半にエンジンの信頼性トラブルに見い舞われたフェラーリは、今季は「063」ではなく、昨年型「062」をベースにした進化版「062 EVO」となる。今季はエンジンの年間使用数が3基に制限されることから、昨年からパワーを低下させることなく寿命を延ばすことに重点が置かれたようだ。

フェラーリ SF71H 主要諸元

シャシー名SF71H
モノコックカーボンファイバー/ハニカムコンポジット構造
ギアボックスフェラーリ 縦置きギアボックス(8速+リバース1速)
ディファレンシャル油圧リミテッドスリップディファレンシャル
トランスミッションセミオートマチック・シーケンシャル電子制御(クイックシフト)
ブレーキブレンボ製 ベンチレーテッド式カーボンファイバーディスクブレーキ(前後) / ブレーキ・バイ・ワイヤ・リアブレーキ
フロントサスペンションプッシュロッド式トーションスプリング
リアサスペンションプルロッド式トーションスプリング
重量733kg(ドライバー・燃料・冷却水を含む)
ホイールOZ製 13インチ(前後)

エンジン

エンジン名フェラーリ 062 EVO
排気量1,600cc
最高回転数15,000rpm
ターボチャージャーシングルターボ
燃料最大流量100kg/h
燃料容量105kg
気筒数・角度V型6気筒・90度
口径80mm
ストローク53mm
バルブ数24
燃料噴射方式直噴(500bar)

ERS システム

バッテリー出力4MJ(1周あたり)
MGU-K 出力120kW
MGU-K 最高回転数50,000 rpm
MGU-H 最高回転数125,000 rpm

フェラーリ SF71H 画像ギャラリー

フェラーリ SF71H 画像
フェラーリ SF71H (フロント)
フェラーリ SF71H (前面)
フェラーリ SF71H (サイド)
フェラーリ SF71H (トップ)

関連:フェラーリ、2018年F1マシン『SF71H』を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ