元F1王者ミカ・ハッキネン「ルクレールがビノット追放の噂は疑わしい」
2回のF1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンは、シャルル・ルクレールがマッティア・ビノットの辞任とフェラーリからの離脱に重要な役割を果たしたことに疑いを持っている。

マッティア・ビノットは、F1チーム代表としてスクーデリア・フェラーリの舵取りを4年間務め、フェラーリで28年間勤務した後、辞表を提出した。

シャルル・ルクレールは、マッティア・ビノットの退団に反応し、ソーシャルメディアにメッセージを投稿。元チーム代表への感謝を表明し、ビノットに対する彼の「尊敬と敬意」は何年にもわたって衰えることはなかったと主張した。

今シーズン序盤にチャンピオンシップの候補だったシャルル・ルクレールだが、その後はフェラーリの多くのミスに見舞われた。

しかし、ミカ・ハッキネンは、5回のグランプリウィナーであるシャルル・ルクレールが、フェラーリが運営を改善できないことに不満を感じていたとしても、マッティア・ビノットを更迭に追いこんだことを示唆する噂に疑っている.

「それについては分からない」とミカ・ハッキネンはSky Sports Newsに語った。

「レースをしているときにいつも思っていたことだが、誰かを好きかどうかの問題ではなく、彼らがどれだけ優れているか、どれだけ献身的であるか、どれだけ知的で賢いかが重要だ」

「好き嫌いは関係ない。それが成功を妨げることはない」

「チームで仕事をしなければならず、人々の才能、知識、スポーツへのコミットメントを尊重しなければならないので、それが本当の話であるかどうかは疑わしい」

「とても悲しい。彼(ビノット)は素晴らしいパーソナリティ、素晴らしい男だと思う」

フェラーリはまだマッティア・ビノットの後継者を指名していないが、シャルル・ルクレールのF1形成期に指導した人物であるアルファロメオF1のチーム代表であるフレッド・バスールが、最有力候補と見なされている。

「F1は非常に複雑なスポーツだ」とミカ・ハッキネンは付け加えた。

「チームを運営し、成功させるには、3~4人の非常に才能のある人が必要だ」

「チームを運営できるのは、1人の男性または1人の女性だけではない」

「チームの成功に貢献するには、さまざまなキャラクター、さまざまな才能など、多くの個人が必要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / シャルル・ルクレール