フェラーリF1 「カルロス・サインツのすべての無線通信をチェックした」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年のF1ドライバーとしてカルロス・サインツと契約する前にマクラーレンとの無線通信をすべてチェックしていたことを明かし、新たなドライバーの採用プロセスにどれほど細心の注意が払われているかの洞察を与えた。

カルロス・サインツのフェラーリF1移籍は2020年のドライバー市場ドラマの波の一部だった。サインツは、後にアストンマーティンに加入したセバスチャン・ベッテルの後任として発表され、元ルノーのダニエル・リカルドがサインツの後任としてマクラーレンに移籍した。

フェラーリF1は、決して若い才能が不足しているわけではない。マッティア・ビノットは、フェラーリF1がどのようにして彼らの選択をカルロス・サインツに絞り込んだかを説明した。

「彼にオファーを出す前に、我々は彼のコミニュケーションのとり方を確認するために全ての無線通信を聞いた。彼のコミュニケション方法は、彼がどのように取り組んでいるかについて多くのことを教えてくれた。非常に正確にわかったと思う」

「彼はハードワーカーで、整然としていて、頑強だ。それらすべてが我々にとって重要な要素だったと思う」

もちろん、それがカルロス・サインツを選んだフェラーリの唯一の優先事項ではない。スピード、レースクラフト、一貫性も同様に重要だった。

「レースでサインツは一貫している。彼は速く、防御し、攻撃する。だが、常に一貫した方法でフィニッシュラインに到達している。彼はコンストラクター選手権で良いシーズンを築くために優れたドライバーだと思う」

「それから我々は彼のスピードを分析した。彼は速いと思う。我々は彼が速いと信じていた。昨年すでに非常に速いドライバーであることが証明されたノリスと比較しても、彼は今シーズン非常に速いことが証明されたと思う」

「しかし、2020年のカルロスを見れば、彼は非常に強いと思う。以前に比べてクォリティーが向上し、レースでも非常に強いと思う。だから彼はハードワーカーだ」

「それに加えて、彼は若いが、F1で長年の経験を積んでいると思う。彼はまだ若いドライバーなので、成長するのに多くの時間がある。彼はキャリアにいないことは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / カルロス・サインツJr.