フェラーリF1、カルロス・サインツとの2年契約を正式発表
フェラーリF1チームは、セバスチャン・ベッテルの後任としてカルロス・サインツを2021年から2年契約を結んだことを正式発表した。

フェラーリは5月12日(火)、2020年末で満了するセバスチャン・ベッテルとの契約を更新しないことを発表。F1で最も魅力的なシートが空席となったことでシリーシーズンは一気に熱を帯びた。

セバスチャン・ベッテルの後任候補にはカルロス・サインツとダニエル・リカルドという2人の名前が最有力候補に挙げられていたが、フェラーリが選んだのカルロス・サインツだった。

カルロス・サインツ
「2021年にスクーデリア・フェラーリで走ることができることをとても嬉しく思う。このチームでの自分の将来にワクワクしている。マクラーレン・レーシングで重要な1年が残っているし、今シーズンは彼らと一緒にレースをするのを本当に楽しみにしている」

マッティア・ビノット(フェラーリ F1チーム代表)
「カルロスが2021年の選手権からスクーデリア・フェラーリに参加することを発表できて嬉しく思う。すでに5シーズンを経験し、カルロスは非常に才能があることが証明しており、技術的能力と我々のファミリーに理想的に適合する資質を見せてきた。我々はF1のトップに返り咲くことを目標として新しいサイクルに乗り出した。突然の変更による現在の財政的・規制的状況を鑑みれば、困難な長い道のりになるだろう。そして、この挑戦は、これまでとは異なる方法で取り組む必要がある。才能と個性を持ったシャルルとカルロスというスクーデリアの過去50年間で最も若いドライバーペアは、我々が設定した目標に到達するための最高の組み合わせになると信じている」

レッドブルのジュニアプログラム出身のカルロス・サインツは、2015年にマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてF1デビュー。しかし、レッドブルへの昇格が叶わないことに不満を持ち、2017年シーズン途中からルノーF1にローン移籍。

2018年もルノーからF1に参戦したが、2019年にダニエル・リカルドの加入が決定したことでシートを喪失。レッドブルを離れてマクラーレンに移籍した。

マクラーレンでパフォーマンスを開花させたカルロス・サインツは、F1ブラジルGPで3位に入ってF1初表彰台を獲得。最終的に“ベスト・オブ・ザ・レスト”となるドライバーズランキング6位をシーズンを終え、マクラーレンのコンストラクターズ選手権4位に貢献している。

マクラーレンのカルロス・サインツの後任には、ルノーからダニエル・リカルドが移籍することがすでに発表されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / カルロス・サインツJr.