フェラーリF1 「ルクレールのスペック3エンジンが再使用可能かは不明」
フェラーリは、シャルル・ルクレールの“スペック3”F1エンジンが救出され、ブラジルとアブダビのレースで使用できるかどうかはまだわからないと語る。

シャルル・ルクレールは、F1アメリカGPのフリー走行3回目にオイル漏れによるエンジン故障に見舞われ、予選以降は旧型の“スペック2”に乗せ換えて予選とレースともに4位で終えた。

フェラーリは、残りの2レースでそのスペック3エンジンをプールに戻せることを願っていると語る。

「破損したコンポーネントはマラネロに返送される。オイル漏れが拡大していたが、何が原因だったのかは把握できていない」とフェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは Motorsportweek.com にコメント。

「分析し、何が原因だったのかを理解し、最終的にまだ使えるかどうかを決定する必要がある」

マッティア・ビノットは、スペック2エンジンがスペック3と比較してパフォーマンスが劣っていることを認める。

「かなり大きなパワーダウンというわけではない。わずかなダウンだ」とマッティア・ビノットは語る。

「エンジンのアップグレード間で期待してるのはスペック2だったし、モンツァで導入したスペック3ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / シャルル・ルクレール