レッドブル・ホンダとメルセデス、フェラーリのF1エンジンに疑惑の目
レッドブルとメルセデスは、フェラーリの2019年型F1エンジンのパフォーマンスに疑惑の目を向けている。

パワーサーキットであるスパ・フランコルシャンとモンツァでシャルル・ルクレールが2連勝を飾ったことで、フェラーリのF1エンジンの優位性がこれまで以上に明確になった。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは「現在、ルノー、ホンダ、そして、我々はほぼ同じレベルにいる」と Auto Motor und Sport にコメント。

「フェラーリだけが際立っている。かなり深刻なほどにね」

フェラーリのF1パワーユニットに関しては、F1パドックで様々な推測が広まっている。1つは、フェラーリがバッテリーから許容されるキロワット数以上を生成しているのではないかというもの。2つ目はエンジンが特定の瞬間に燃料センサーをかかいくぐって追加の燃料を使用しているというもの。そして、3つ目はエンジンが余分にオイルを燃やしてパワーを得ているという噂がある。

ライバルチームの匿名のスタッフは「彼らは非常にクレバーな何かを考えだしたに違いない」とコメント。

「それが合法であることが判明した場合には、脱帽せざるをえない」

レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「FIAにいくつかの質問を送ったが、回答はない」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ