F1
2019年のF1世界選手権に向けた2回目のF1プレシーズンテストとなる4日間のバルセロナテストが終了した。

2月26日(火)から3月1日(金)の4日間にわたってスペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットで行われた1回目のバルセロナテストは、悪天候が続いた昨年のバルセロナテストとは対照的に全日程で好天に恵まれた。

2回目のF1プレシーズンテストは、信頼性を重視した1回目とは異なり、各チームが開幕戦オーストラリアGPに向けてパフォーマンスを重視してセットアップ作業を進め、残念ながら最終日にギアボックス問題に見舞われたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を除いた全員がピレリの最も柔らかいC5タイヤでベストタイムを記録した。

トップタイムを記録したのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。これまでのプレシーズンテスト記録を更新する1分16秒221をマーク。昨年のスペインGPの予選でルイス・ハミルトンが記録したコースレコードの1分16秒173に0.048秒まで迫った。しかし、最終日にはホイールリムの故障によってセバスチャン・ベッテルがクラッシュ、3日目には冷却系のトラブルが見つかるなど、周回数としては9番手となる339周で走行を終えている。

2番手タイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。3日目までロングランを重視していたメルセデスだが、最終日にようやくパフォーマンスランを実施。フェラーリとの大きなパフォーマンス差を囁かれていたメルセデスだが、初日から大量の空力アップデートを投入し、W10が十分に戦えるポテンシャルを秘めていることを示した。初日には油圧系のトラブルに見舞われたものの、全チームで最多の580周を走行して信頼性の高さも示している。

ルノーもまずまずのポテンシャルを示した。ニコ・ヒュルケンベルグがフェラーリとメルセデスに次ぐ1分16秒843を記録。昨年はシャシーとパワーユニットの両方で期待通りのパフォーマンスを示せなかったルノーだが、今季は両方を新設計。信頼性でもメルセデスに次ぐ528周を走り込んで、改善を示した。

トロロッソ・ホンダは、今回のテストのサプライズかもしれない。ルーキーのアレクサンダー・アルボンがニコ・ヒュルケンベルグから0.039秒差、ダニール・クビアトが0.055秒差というパフォーマンスを示し、“ベスト・オブ・ザ・レスト”争いを予感させるポテンシャルを示した。

マクラーレンも近年のなかでは最も有望な冬季テストを過ごした。カルロス・サインツがダニール・クビアトから0.015秒差となる1分16秒913を記録。テストでのラップタイムは参考にならないかもしれないいが、1分16秒台に入れることができたのはマクラーレンまで。決してポテンシャルが低くはないことを示した。

最も残念だったのがレッドブル・ホンダ。フェラーリ、メルセデスに次ぐ3番手に位置していると予想されつつも、3日目にピエール・ガスリーが不用意なミスで大クラッシュ。最終日に旧仕様パーツを混ぜてマシンを組み立てたがギアボックストラブルが発生。マックス・フェルスタッペンがアタックラップを走ることができず、ポテンシャルがわからないまま開幕戦を迎えることになった。

2019年 F1バルセロナテスト2回目 総合タイム

順位ドライバーチームDayベストタイムタイヤ
1セバスチャン・ベッテルフェラーリ41分16秒221C5
2ルイス・ハミルトンメルセデス41分16秒224C5
3シャルル・ルクレールフェラーリ31分16秒231C5
4バルテリ・ボッタスメルセデス41分16秒561C5
5ニコ・ヒュルケンベルグルノー41分16秒843C5
6アレクサンダー・アルボントロロッソ31分16秒882C5
7ダニール・クビアトトロロッソ41分16秒898C5
8カルロス・サインツマクラーレン41分16秒913C5
9ロマン・グロージャンハース41分17秒076C5
10ランド・ノリスマクラーレン31分17秒084C5
11ピエール・ガスリーレッドブル31分17秒091C5
12ダニエル・リカルドルノー41分17秒114C5
13キミ・ライコネンアルファロメオ41分17秒239C5
14ランス・ストロールレーシングポイント31分17秒556C5
15ケビン・マグヌッセンハース41分17秒565C5
16アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ31分17秒639C5
17マックス・フェルスタッペンレッドブル41分17秒709C3
18セルジオ・ペレスレーシングポイント41分17秒791C5
19ジョジ・ラッセルウィリアムズ31分18秒130C5
20ロバート・クビサウィリアムズ41分18秒993C5

ドライバー別 周回数&走行距離

順位ドライバーチーム周回数距離
1ルイス・ハミルトンメルセデス3311540.805km
2ケビン・マグヌッセンハース2781294.090km
3ダニエル・リカルドルノー2661238.230km
4カルロス・サインツマクラーレン2641228.920km
5ニコ・ヒュルケンベルグルノー2621219.610km
6ジョージ・ラッセルウィリアムズ2591205.645km
7バルテリ・ボッタスメルセデス2491159.095km
8キミ・ライコネンアルファロメオ2451140.475km
9ダニール・クビアトトロロッソ2321079.960km
10セバスチャン・ベッテルフェラーリ2311075.305km
11アレクサンダー・アルボントロロッソ2211028.755km
12ロバート・クビサウィリアムズ2201024.100km
13ロマン・グロージャンハース209972.895km
14ピエール・ガスリーレッドブル201935.655km
15セルジオ・ペレスレーシングポイント192893.760km
16ランス・ストロールレーシングポイント185861.175km
17アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ170791.350km
18シャルル・ルクレールフェラーリ168782.040km
19ランド・ノリスマクラーレン164763.420km
20マックス・フェルスタッペンレッドブル157730.835km

マシン別 周回数&走行距離

順位チームマシン周回数走行距離
1メルセデスW105802699.900km
2ルノーR.S.195282457.840km
3ハースVF-194872266.985km
4ウィリアムズFW424792229.745km
5トロロッソSTR144532108.715km
6マクラーレンMCL344281992.340km
7アルファロメオC384151931.825km
8レッドブルRB153581666.490km
9フェラーリSF903391578.045km
10レーシングポイントRP193371568.735km

エンジン別 周回数&走行距離

順位メーカーエンジン周回数走行距離
1メルセデスM10 EQ Power+13966498.380km
2フェラーリ06412415776.855km
3ルノーE-Tech 199564450.180km
4ホンダRA619H8113775.205km


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン