カルロス・サインツ 「フェラーリF1は来季エンジン面で大きな進歩が必要」
2021年にフェラーリF1に移籍するカルロス・サインツは、将来のチームがF1エンジン面で“非常に大きなステップ”を果たす必要があると考えていることを認めるが、マラネロにはユニットを改善する能力があると信頼していると語る。

マクラーレンF1のカルロス・サインツは、F1ベルギーGPの決勝直前のレコノサンスラップでマシントラブルが発生して欠場を余儀なくされた後、問題はエキゾーストでなく、ルノーのF1エンジンの故障だったと話して話題となっている。

午後は7位入賞を果たしたチームメイトのランド・ノリスのレースをピットで見ることになったカルロス・サインツだが、フェラーリF1のシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルの悲惨なパフォーマンスは否が応でも目に入ったに違いない。

マクラーレンの充電器は午後にチームのガレージで7位までのチームメイトランドノリスレースを観戦しましたが、彼の注意がフェラーリドライバーのチャールズルクレールとセバスチャンベッテルの悲惨なパフォーマンスに等しく集中していたことは間違いありません。

フェラーリの2020年のF1エンジンは、全エンジンメーカーのなかで最も非力であることは明らかであり、パワーセンシティブなスパ・フランコルシャではそのパワー不足が露呈された。

フェラーリの憂鬱なスランプを目にした後、カルロス・サインツは、フェラーリの現在の窮状を懸念していることを認めた。

「もちろん、現時点で一番に不満を抱いているのはフェラーリだ。彼らがどれくらい苦労しているかは誰が見ても明らかだと思う」とカルロス・サインツはコメント。

「それに彼らはマシンの全体的なグリップにもいくつかの問題を抱えていました。でも、全体的に言って・・・そうだね、彼らがこれからエンジンで非常に大きなステップが必要だ」

F1レギュレーションの凍結によって、2021年の開発範囲は制限されており、フェラーリF1がエンジン面やシャシー面で改善を果たすのは困難な状況となっている。

しかし、カルロス・サインツは、フェラーリは不振から脱却できる力のあるチームだと主張する。

「ルノーには数年かかったし、それがどれほど難しいことかはわかっている。ホンダもかなり長い時間がかかった」とカルロス・サインツはコメント。

「しかし、ルノーがほぼ同等、もしくは少なくともメルセデスに近いレベルにいるという事実は、それを行うことが可能であることを示していると思う」

「僕にとって、改善するための設備があり、リソースがあり、多くのエンジンベンチを備えたチームがあるとすれば、それはフェラーリだ」

「今は全力で仕事をしていると思うし、僕がフェラーリに行くまでに少し改善されて、一緒に次のステップを果たせることを期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / カルロス・サインツJr. / フェラーリ