F1 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレーは、トロロッソ・ホンダのF1シートを継続するために“やれるだけのことはやった”と考えているが、まだF1グリッドに復帰する望みは捨ててはいないと語る。

トロロッソで25戦を戦ったブレンドン・ハートレーだったが、2018年はドライバーズ選手権で20名中19位で終了。2019年はアレクサンダー・アルボンと交代するかたちでF1シートを喪失することになった。

ブレンドン・ハートレーは、現在、他のモータースポーツのオプションを検討しているが、“また別の機会が訪れる場合に備えて、F1の扉を開いたままにしている”と One News に語った。

「何が起こるかわからないし、奇妙なことが起こるかもしれない」

ブレンドン・ハートレーは、11月の最終戦F1アブダビGPを12位でフィニッシュした後は“失望”していたと語る。

「そうは言っても、ポジティブなこと・・・ハッピーなことはたくさんあった。本当に多くのドライバーにとってF1に到達することが夢であることはわかっている。僕はほとんどの人が手に入れることができないチャンスを与えられたし、1年半前にはそうなるとは思っていなかった」

「(アブダビの)日曜日の午後には堂々とパドックを離れた。やれるだけのことをやったことはわかっていたし、自分の成し遂げたことを誇りに思っていた」

ブレンドン・ハートレーは、シーズンを通して進化し、実際にシーズンを力強く終えることができたと感じているとし、F1は“政治とお金が絡んだ複雑なビジネス”だったと語る。

「でも、やり残した仕事があると感じている」

ブレンドン・ハートレーはオプションを評価していはいるものの、F1での可能性が“100%”なくなったわけではないと語る。

「F1には20席あるし、椅子取りゲームになるときもある。僕は今、フルシーズンを経験したドライバーだ。僕には取得するのがかなり難しいスーパーライセンスがあるし、何が起こるかは決してわからない」

現在、ブレンドン・ハートレーは“次のステップ、自分の将来にとって何がベストかに取り組んでいる”が、まだ計画は“未定”だと語る。

「まだ、話をしなければならない案件がいくつかある。僕にはまだ(ファクトリードライバーとして)ポルシェとの関係がある・・・でも、いくつかのオプションを検討している」

「電話は鳴っているし、自分からも電話をかけている」

ブレンドン・ハートレーは、自分の将来についてストレスは感じていないと語る。

「僕は膨大な経験を積んできたし、モータースポーツコミュニティの多くからたくさんのリスペクトを受けている。物事は起こると確信しているし、地に足をつけている」

「それにF1での実戦経験は、ドライバーが怪我した場合などでシートが空いた場合にF1にチームにとって非常に貴重ななずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブレンドン・ハートレー