アルピーヌF1チーム 「年齢がアロンソとの複数年契約の妨げになった」
アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソの年齢と将来的にパフォーマンスが低下する可能性への恐れが、単年契約というオファーを正当化したと述べた。

先週末のF1ハンガリーGPまでは、アルピーヌF1チームとフェルナンド・アロンソが2023年シーズンまで契約を延長する可能性が非常に高いように見えた。

しかし、セバスチャン ベッテルのF1引退の発表は、フェルナンド・アロンソに予想外のアストン マーティンの選択肢を提供し、アルピーヌF1チームの計画を狂わせた。

41歳のフェルナンド・アロンソは、スキルもモチベーションも衰える兆しを見せていない。実際、フェルナンド・アロンソは最近、F1でのレースをあと何年も続けることができると公言していた。

しかし、アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソとの契約交渉に現実的なアプローチを選択し、2回のF1ワールドチャンピオンを維持したいと考えていることを示唆したが、「1プラス1」契約、つまり、1シーズンと2年目のオプションをオファーした。

アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、複数年契約が提示されていたアストンマーティンF1に移籍するというフェルナンド・アロンソの決定には、特定の規定が重要であることが証明された可能性があると考えている.

「我々は彼に1プラス1の契約をオファーした」とオトマー・サフナウアーは語った。

「未来を予測するのは難しい。だから、我々は1プラス1の契約をオファーした」

「そして、我々はフェルナンドと『来年のこの時点で同じレベルでパフォーマンスを発揮しているなら、もちろん我々は君を起用するだろう』と話し合った。続いていた可能性がある」

「だが、彼はもっと確実性を望んでいたと思う。『パフォーマンスとは関係なく、僕はもっと長く滞在したい』とね」

「それが、2年プラス1年、3年プラス1年、または3年ではなく、1プラス1になった核心だったと思う」

フェルナンド・アロンソは自分自身をドライバーとして絶頂期にいると考えており、おそらくそれは正しいかもしれないが、オトマー・サフナウアーは。ミハエル・シューマッハが 41歳でメルセデスにF1復帰したときのことを例に挙げて、ある時点で後退は避けられないと述べた。

「ドライバーに生理学的に何かが起こり、若い頃と同じ能力を持っていない時が来る」とオトマー・サフナウアーは主張した.

「そして、それはミハエルにも起こったと思う。42歳のミハエル・シューマッハは、32歳や35歳のドライバーと同じドライバーではなかったと言っても過言ではない」

「そして、他のスポーツマン、つまり、クリケット選手にも同じことが起こる。クリケットをプレーするすべての人に敬意を表しているが、クリケットはそれほど肉体的に激しいスポーツではない。目と手の協調、バットを適切なミリ単位で動かすことが重要なスポーツだ」

「しかし、32歳、33歳、34歳になると、世界最高の打者はもはやそれを行うことができなくなる。それは彼らに何らかのことが起こるからだ。そして、それはレースカーのドライバーにも起こる」

「だから、我々はそれを選択した。確実に高いレベルでパフォーマンスを発揮しているのであれば維持するが、1年ずつやっていこうとね。だが、彼はより長い期間を望んでいたと思う」

オトマー・サフナウアーは、フェルナンド・アロンソが41歳にしてこれほど高いレベルでパフォーマンスを発揮していることを称賛したが、彼の能力が維持できるかどうかは確信が持てないと語る。

「彼は本当に素晴らしいドライバーだ。私が一緒に仕事をした中で最高のドライバーの一人だ」とオトマー・サフナウアーは語った。

「彼はまだ非常に高いレベルで戦っている。トリッキーなコンディションでも速く、ドライバーのスキルを示している。彼はさらに優れている。今年はそれが見られた」

「それがさらに3年続くなら、素晴らしいことだ。アストンマーティンとフェルナンドにとって素晴らしいことだ。それがいつ弱まるかは分からない」

フェルナド・アロンソをアルピーヌ ファミリーに留めておくための潜在的なインセンティブとして、最高経営責任者のローラン・ロッシは、将来、アロンソがFIA世界耐久選手権でアルピーヌのスポーツカーの取り組みの主役になる可能性をアイデアに入れた。

オトマー・サフナウアーは、この提案がフェルナンド・アロンソにとっての年金制度と同等であったことは決してないと述べた。

「我々はフェルナンドと話し、ローランも『F1を終えるときは、ファミリーの一員としてアルピーヌでレースを続けてほしい』と話し合った」とオトマー・サフナウアーは説明した。

「フェルナンドはそうすることに同意し、それは良い考えだと思っていたし、それはあまり驚きではなかった」

「問題は、それがいつになるかということだった。しかし、それが実現したとき、ル・マンに行くことになったとき、彼はその道を歩み続けることに絶対に満足していた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / フェルナンド・アロンソ