アルピーヌF1、常勝チーム復活にむけて“100レースプロジェクト”を設定
アルピーヌF1は、F1で定期的に表彰台を目指して戦えるレベルの競争力に到達するために100レースという目標を設定している。

エステバン・オコンは、F1ハンガリーGPで衝撃的な勝利を収め、アルピーヌのF1プロジェクトにとって、わずか11レースでレース優勝という成功を収めることができた。だが、全体としての進捗としては急速な発展は果たせていない。

現在、アルピーヌF1は、メルセデス、レッドブル、マクラーレン、フェラーリに次いで、コンストラクターズ選手権で5位に位置している。

しかし、アルピーヌのCEOを務めるローラン・ロッシは、チームが将来的に定期的な成功を収めるための明確なビジョンを計画している。

「我々は長期的なプロジェクトを持っている。その目的は、2024年に可能な限り何度も表彰台に立つ競争力のレベルに到達することだ」とローラン・ロッシはFormula1.comに語った。

「今日の5位からロードマップを簡単に見つけることができる。毎年少しずつ向上していくつもりだ。これは4年、4シーズンの100レースのプロジェクトだ」

「すべてのレースで進歩を遂げなければならない。それは、コース上で目に見える進歩、または目に見えない進歩である可能性がある」

「アイデアは決して止めず、我々が正しい方向に進んでいるのを目に見えるようにすることだ」

「来年はコイントスの年になる。我々が望んでいるのは、開始時に満足のいくレベルのパフォーマンスを確保し、トップから離れすぎないようにすることだ。そうすれば、そこから山頂まで登ることができる」

ルノーのCEOであるルカ・デメオもそのビジョンを反映し、全体的な目的は自己達成的で持続可能なレーシングビジネスを生み出すことであると述べた。

「我々は留まるためにここにおり、我々は毎年改善するためにここにいる」とルカ・デメオは語った。

「我々は野心を持ってここにいる。アルピーヌは、世界最大のメーカーの1つだ。アルピーヌのストーリーには長期的なコミットメントがある」

「私たちは、電気自動車のスポーツ分野でアルピーヌを変革することを計画している。私たちはプロファクトを開発している」

「レース活動に永続性を与えるビジネスをレース活動を中心に構築するというアイデアがある。そうすれば、ビジネスは運営に資金を提供できる。それ自体を閉じたシステムになる」

「F1でのパフォーマンスは、ストーリー全体に実体を与えるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ