アルピーヌCEO 「ルノーのF1エンジンはカスタマーの信用を失った」
アルピーヌのCEOを務めるローレン・ロッシは、ルノーのF1エンジンに対する信用はもはや存在しないと嘆きつつも、そのような状況は過去の自分たちの“オウンゴール”によって作り出されたと認める。

ルノーは、今年のグリッドでカスタマーのいない唯一のエンジンメーカーであり、同社のワークスチームであるアルピーヌF1だけにF1エンジンを供給している。

昨シーズンまでは、自社とマクラーレンという2チームに供給しており、それ以前はレッドブルとトロロッソもルノーのF1エンジンを搭載していた。

レッドブルは、ルノーのF1エンジンで大成功をおさめ、2010年から2013年にかけてダブルタイトルを4連覇している。

しかし、F1にV6ターボハイブリッドが導入されたことで、ルノーは大きくパフォーマンスを失い、ゆっくりと、だが、確実にレッドブルとの関係は崩壊。当時のルノーF1の代表であるシリル・アビテブールと、レッドブルのF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、メディアを通じてお互いを激しく批判した。

レッドブルは、2019年にジュニアチームのトロロッソでホンダのF1エンジンをトライアルし、2020年からレッドブル・レーシングもホンダF1とパートナーシップを締結。今年はメルセデスとタイトル争いを繰り広げている。

一方、マクラーレンは2021年からメルセデスのF1エンジンにスイッチし、ルノーはワークスチームのアルピーヌF1とのみ協力している。

その後、マクラーレンは2021年以降、メルセデスエンジンに移行し、ルノーは現在、独自のアルピーヌチームとのみ協力しています。

アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシは「どうやら、我々はもはや現場で信用を持っていない」と Auto Motor und Spor に語った。

「それを冷静に見つめなければならない。我々のエンジンはもはやカスタマーにとって魅力的ではない」

「これまで、ドライブユニットをカスタマーのシャシーへの要望に近づけすぎたため、技術的な観点からオウンゴールを決めることがよくあった。これにより、摩擦損失が発生し、キャパシティが制限された」

「その後、カスタマーが満足しなかったことで、我々は2つの方向に開発を進め、それによって自分自身を傷つけた」

「エンジンを構築し、カスタマーがそれでうまくやっていくというのが理想的な世界だ。そうすれば、ファクトリチームはより多くのデータを受け取れるというメリットもある」

「今、我々は自分自身に集中することで恩恵を受けている。すべてがうまくいき、再び1~2チームのカスタマーを抱えられたら興味深いだろう」

一部報道で、ルノーはウィリアムズにリンクされたこともあったが、それは両当事者によってすぐに否定された。

ウィリアムズは、メルセデスとの技術的取引を拡大したことで、ルノーは2022年もアルピーヌF1チームのみにエンジンを供給する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ルノー