F1:周冠宇 「フェルナンド・アロンソは過去数年で本当に助けてくれた」
周冠宇は、フェルナンドアロンソが、過去3〜4年間で他のどのレーシングドライバーよりも彼を助けてくれたと語る。

周冠宇は、2019年にルノーF1のアカデミーに参加。今年のF1オーストリアのFP1でフェルナンドアロンソのアルピーヌのF1マシンをドライブして、初めて公式F1セッションに登場した。

周冠宇は、チームメイトであるエステバン・オコンから0.434秒差の14番手タイムでセッションを終え、関係者に感銘を与えた。

周冠宇は自分のパフォーマンスに満足しており、フェルナンド・アロンソがその中で大きな役割を果たし、ランクを超えていく中で他のどのドライバーよりも助けてくたと語る。

「その日は僕のレースキャリア全体で忘れられない1日だ」と周冠宇はFIA-F2のウェブサイトで語った。

「F1カーで数日間テストするのとは大きく異なる。他のドライバー、アイドル、そして、ワールドチャンピオンと一緒にサーキットにいる。クールダウンラップで彼らが自分を追い越していくのは見るのは特別なことだ」

「FP1で何をしているのかは誰もが知っているので、その期間にはドライバーコーチがいないけど、フェルナンドは僕を大いに助けてくれた。過去3~4年間でこれまで他のドライバーによって助けられた中で最も最も助けになってくれた」

「僕たちは一緒にトラックウォークをしたけど、彼はその間に詳細を教えてくれた。路面とバンプについて話してくれたし、エンジニアブリーフィングでもオンボードを見直して、僕にすべてを説明してくれた」

「自分のパフォーマンスには満足している。プレッシャーは大きかったけど、スピードの面では本当にうまくいったと思う」

「最も重要な部分の1つは、すべてのプログラムを完了することだった。ラップタイムだけに集中することはできない。僕は彼らにフィードバックを与えることにもっと時間を費やしていた。チームは僕を大いに信頼してくれたし、それが報われたと思う」

周冠宇は、2022年にアルファロメオF1に加わり、最初の中国人のフルタイムF1ドライバーになる可能性がますます高まっている。

22歳の周冠宇は、自分の前にガイランスを与えられる中国人の先輩ドライバーがいないことが事態を困難にしたことを認め、いつか自分でその役割を果たせることを望んでいると語る。

「F1ドライバーになるための正しい方向性を教えてくれる中国からのフォローがないのはいつも大変だった」と周冠宇は語る。

「時間を遡ることができれば、いくつかの異なる決定を下しただおるし、異なるカテゴリやチームを選択しただろう。でも、盲目的にドアを通り抜けるしかなかった」

「F2に到達できたので、正しいことをやってきたに違いない。いつか人々にヒントを与えることができればと思っている。でも、ただ誰かにアドバイスするだけではなく、自分が信じている適切な若い才能、ドライバーを選んでいきたい」

「でも、それは僕がキャリアを終えたときの話だし、何年も後になるだろう。若いドライバーにアドバイスをたくさん聞かれるけど、僕はまだ22歳だ。ここでは最年少の一人だ」

「でも、それは中国のより多くの人々がモータースポーツに興味を持っていることを僕に示している。若い世代だけでなく、有名人もそうだ。F1にたどり着くことができて、僕が若い頃から追いかけてきた夢を追いかけようとする人がもっと増えることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ