アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「予選Q3進出は難しいだろう」
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1の2021年F1マシン『A521』が“少し遅い”ことを認めている。

今年、アルピーヌF1で2年ぶりにF1復帰を果たすフェルナンド・アロンソは、3日間のF1プレシーズンテストで206周を走り込み、総合10番手タイムでセッションを終えている。

スペイン人F1ジャーナリストのアントニオ・ロバトは「最近の事故、年齢、その他の発言に関係なく、アロンソは雄牛のように見える。アルピーヌのF1マシンは本当に信頼性があるようだ」と Marca いコメント。

「フェルナンドと少しおしゃべりをした。彼はすべてがうまくいったが、マシンは少し遅く、予選Q3に到達するのは難しいだろうと言っていた」

フェルナンド・アロンソ自身もアルピーヌF1がグリッドの最前線に近づくためにはやるべきことがあることを否定しない。

「僕たちはまだ働く必要がある、まだマシンについてもう少し理解する必要がある。僕たちはまだファクトリーで目にしているゲインを見い出すためにコース上でロックを解除する必要がある」

「でも、少しずつ、満足してきているし、最初のレースを楽しむつもりだ。パドックに戻ることができて、F1全体に戻ることができてうれしく思っている」

「非常に野心的な23レースのカレンダーなので、全員にとって良い年になることを願っている。興味深いレースがあり、観客が数ヶ月以内にグランドスタンドに入ることができることを期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ