F1 フェルナンド・アロンソ
ルイス・ハミルトンの父親は、フェルナンド・アロンソにF1に復帰するよう強く勧めている。

2007年、ルイス・ハミルトンは、2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソのチームメイトとしてマクラーレンでF1デビュー。しかし、両ドライバーは衝突し、1シーズン限りでアロンソはチームを去っている。

しかし、元ハミルトンとマネージャーを務めていた父親のアンソニー・ハミルトンは、フェルナンド・アロンソは“引退”を撤回してF1に戻すべきだと主張する。

「個人的には、フェルナンドはあまりにも早く引退したと思う。彼がなぜ去ったのかは理解できるがね」とアンソニー・ハミルトンは Movistar に語った。

「彼が戻ってきたらそれは素晴らしいだろう。このスポーツには彼のようなドライバーが必要だ」

フェルナンド・アロンソ自身もF1復帰には関心を示しているが、実現の可能性は低い。アロンソはトップチームとでしかF1に復帰するつもりはないと語っている。

だが、フェルナンド・アロンソはフェラーリには戻れない状況を作り出しており、メルセデスにはルイス・ハミルトンがいる。そして、レッドブルのヘルムート・マルコは、ホンダはアロンソと再び仕事をすることを拒否しているとしてレッドブル・ホンダへの加入を除外している。

そして、古巣マクラーレンも2020年のドライバーとしてカルロス・サインツとランド・ノリスの続投を発表しており、復帰への道は断たれた。

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソを支持しているが、チームプリンシパルのアンドレアス・ザイドルはより将来を見据えているようだ。

「我々はフェルナンドの決断を受け入れる必要があったし、ザクはランドとカルロスに署名することを決めた」とアンドレアス・ザイドルは語る。

アンドレアス・ザイドルは、フェルナンド・アロンソが今後テストをする可能性も否定している。

「ランドとカルロスがこのチームの未来であるならば、彼らがテストをするのが理にかなっている。F1ではテストがかなり限られている」とアンドレアス・ザイドルは付け加えた。

実際、マクラーレンはフェルナンド・アロンソへのドアを閉ざすために、2020年のランド・ノリスとカルロス・サインツの続投を早くに発表したとさえ噂されている。

「来年のことをここまで早くに発表したのは、彼らへの自信を示してのことだ」とアンドレアス・ザイドルは語る。

「我々は、彼らのスピード、スピリット、倫理、そして積極性に満足している。彼らは我々の未来であり、それが私が言えることの全てだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ