フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ F1
フェルナンド・アロンソは、F1スペインGPのフリー走行1回目でわずか1周でエンジントラブルに見舞われた。

ホンダのF1パワーユニットに再びトラブルが発生した。F1スペインGPの開始早々、フェルナンド・アロンソは、ターン2の出口で突然ロックアップしてスライド。ストップしたマシンからは白煙が上がり、オイルと見られる液体が漏れているのが確認できた。

フェルナンド・アロンソは「エンジンプロブレム」と無線で報告。

「1コーナーの後、エンジンが壊れた・・・ファンに申し訳ない」

マクラーレン・ホンダは、フリー走行2回目にむけてエンジンを交換。フェルナンド・アロンソはサーキットを離れてホテルに戻ったと報じられている。

前日の木曜記者会見ではホンダの信頼性トラブルは“許容できない”と語っていたフェルナンド・アロンソ。アウトラップのわずか3コーナー。再びフラストレーションの溜まる厳しい母国グランプリのスタートとなった。

関連:F1スペインGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ホンダF1 / マクラーレン