アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1時代は重要な要素が欠けていた」
アレクサンダー・アルボンは、2019年にレッドブル・レーシングにステップアップしたとき、自分の経験不足が重要な問題だったと考えている。

イギリス系タイ人のドライバーであるアレクサンダー・アルボンは、当時トロ ロッソと呼ばれていたチームのルーキードライバーとしてシーズンを開始したが、F1ベルギーGPの前にピエール・ガスリーの後任としてレッドブル・レーシングに昇格し、ガスリーはトロ ロッソに戻った。

アレクサンダー・アルボンは、2019年シーズンの残りの期間、ほとんどのレースでポイントを獲得し、2020年もレッドブル・レーシングに残留した。

しかし、2021年にセルジオ・ペレスと交代させられたアレクサンダー・アルボンは、代わりにレッドブルF1チームのテスト兼リザーブドライバーとなり、2022年にウィリアムズF1チームと共にF1グリッドに復帰した。

F1を始めたばかりの頃を今振り返って、アレクサンダー・アルボンは、若い頃の自分に与える重要なアドバイスがあることを認める。

「その時は十分に準備ができていたと感じた。でも、そう簡単に経験を買うことはできないと彼に伝えるだろうね」とアレクサンダー・アルボンはAuto Motor und Sportに語った。

「何事にも時間がかかる。昨年はF1にいなかったけど、2020年末よりも今の方が準備ができていると感じている。経験とはドライビングそのものだけではない」

2019年シーズン後に何がうまくいかなかったのかと質問されたアレクサンダー・アルボンは、それほどど極端ではなかったが、トップチームへの迅速なステップアップは容易ではなかったことを認めた。

「何かがうまくいかなかったとは言わない。それは誇張だ」とアレクサンダー・アルボンは説明した。

「半年後、僕はすぐにトップチームに入れられた。他のどのドライバーよりも早かったし、前の年はテストをしていなかった」

「今日の若者を見ると、彼らはゆっくりと成長する機会を得ている。2019年は良い年だった。2020年は車に苦労した」

アレクサンダー・アルボンは、2020 年の苦労を振り返って、最終的に彼を犠牲にしたのは F1での経験不足だったと感じている。

「足りなかったのは経験だった」とアレクサンダー・アルボンはコメントした。

「昨年初めのチェコ(ペレス)とマックス(フェルスタッペン)の差を見れば、それは僕も同じだった。僕は自分のパフォーマンスに対して多くの批判を受けた」

「2021年の休憩が役に立ったのはそのときだ。自分で運転していないときは、一歩下がると、突然全体像を見えてくる」

「車からすべてを引き出すことがいかに重要かを実感した。セットアップに慣れていないこともあったけど、それでも最高のセットアップだった。最初にそれを理解する必要があった」

アレクサンダー・アルボンは、レッドブル・レーシングへの移籍が早すぎるとは言わなかったが、もっと経験を積んでいたら、状況は違っていたかもしれないと考えている。

「今の経験があれば、確かに当時とはかなり違ったものになっていただろう」とアレクサンダー・アルボンは語った。

アレクサンダー・アルボン F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル