アレクサンダー・アルボン 「タイヤ毎に走り方を変える必要があった」 / レッドブル・ホンダ F1ポルトガルGP 予選
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第12戦 F1ポルトガルGPの予選を6番手で終えた。

アレクサンダー・アルボンは、Q3の最初のスティントでミディアムタイヤを選択するも、風の影響に加え、タイヤが温まりにくい状況下でQ1のタイムを超えることができなかった。

「もっと上のポジションでフィニッシュできればよかったけど、それでも6番グリッドはまずまずだと思う」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「自分の走りにはそれなりに満足しているけど、新たに舗装された路面や風の影響で少し通常とは違うコンディションだったので、タイヤ選択が非常に難しい状態だった」

「Q3では他のライバルとは少し違った戦略を取り、1回目をミディアムタイヤでアタックしたけど、もう一度アタックできていればもっとタイムは上がったと思っている。最後のアタックにはソフトタイヤを選択したけど、ミディアムタイヤと比較してパフォーマンスの出し方が全く異なりドライビングスタイルを変える必要があったので、多少走りのリズムに影響した部分があった」

「明日の天気予報は雨混じりになるようなので、いろいろなことが起こりうると思う。1コーナーまでの距離は長いし、ここではまだどのマシンもきちんとしたロングランを行っていないので、走りながら最適なバランスを探り、チャンスを逃さないようにしていきたいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1ポルトガルGP