アレクサンダー・アルボン 「ハミルトンとの接触がフラッシュバックした」 / レッドブル・ホンダF1 シュタイアーマルクGP
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、F1シュタイアーマルクGPで自己ベストとなる4位フィニッシュを果たしたが、セルジオ・ペレス)(レーシング・ポイントF1)との接触によって再びポイントを失うことになることを恐れていたと語る。

6番グリッドからスタートしたアレクサンダー・アルボンは、上位3位のペースにはついていかなかったものの4番手を走行していた。だが、17番グリッドから激しい追い上げを見せていたセルジオ・ペレスに射程圏内に迫られた。

残り3周、セルジオ・ペレスはターン4でアレクサンダー・アルボン仕掛けたが、アルボンのリアに接触してフロントウイングを破損。アルボンはダメージを受けることなく続行することができた。

「ルイスとの一件がフラッシュバックした」とアレクサンダー・アルボンはレースの後に冗談交じりに語った。アルボンは開幕戦F1オーストリアGPで2位表彰台をかけたバトルでルイス・ハミルトンとバトルで接触してスピンを喫してノーポイントでレースを終えている。

「でも、良いレースだった」

「正直に言うと、今週末は少しペースが足りなかった。タイミを見つけられる場所を確認する必要がある。僕たちはわかっると思うけどね。4位になれたことを嬉しく思う。先週の後、いくつかのポイントを獲得できて良かった」

だが、アレクサンダー・アルボンは、メルセデスにすぐに追いつくことができるかどうかまだわかってないと語る。

「現時点でメルセデスよりも速くなるのは難しいと思う。彼らはハンガリーのような中高速コーナーでは本当に強い。マックスと僕はマシンの弱いところがどこかを知っている。とにかく僕たちはそこに対応する必要がある」

それでも、アレクサンダー・アルボンの開幕2戦のパフォーマンスには批判が集まっている。第2戦ではマックス・フェルスタッペンと比較して1週あたり0.5秒の遅れをとっており、ピットストップまでにフェルスタッペンから30秒差をつけられていた。それにより、メルセデスF1とのバトルに絡むことができず、フェルスタッペンは孤軍奮闘を強いられた。

それでも、レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンを擁護する。

「アレックスのレースは2つに分かれたレースだった」とクリスチャン・ホーナーは motorsport-magazin.com に語った。

「前半は問題があったが、後半は非常にいい走りをしていた」

「我々は彼と一緒にそれを理解し、彼が燃料を積んだマシンで快適に感じるのを助ける必要がある」

「だが、後半はペースが強かった。彼はペレスと非常によく戦った。そして、その時点で彼はより新鮮なタイヤを持っていたボッタスよりも0.3~0.4秒速かった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1オーストリアGP