アレクサンダー・アルボンはルイス・ハミルトンへの攻撃を待つべきだった? / レッドブル・ホンダF1 オーストリアGP
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、F1オーストリアGPの決勝でルイス・ハミルトン(メルセデス)へ攻撃を仕掛けるのをもう少し待つべきだったのか? Sky Sports の解説者を務めるマーティン・ブランドルが自身の見解を語った。

残り10周での出来事だった。セーフティカーが退いてレースが再開してすぐ、アレクサンダー・アルボンはターン4でアウトサイドからルイス・ハミルトンに仕掛けた。

アレクサンダー・アルボンは、2回目のピットストップ時にソフトタイヤに交換しており、ハードタイヤのルイス・ハミルトンに対してセーフティカー後でタイヤのグリップ面で有利だった。しかし、それは失敗に終わった。

「二人にとって非常に不幸な状況だった。ハミルトンが古いハードで走っている一方、アルボンは、フレッシュなソフトを履いていた。アルボンはすでに表彰台はおろか、勝利の匂いを嗅ぐことができた。彼の前にいるメルセデスの2台は劣っていましたタイヤを履いており、ギアボックスに問題を抱えていた」

「アルボンはできるだけ早くオーバーテイクを完了させなければならないと感じていた。まだ彼には明確なタイヤアドバンテージがあった。彼がターン4で非常に深いブレーキをかけたのはそのためだ」

「だが、ハミルトンはアルボンからの攻撃を撃退したと考えていた。しかし、ターンの出口で突然アルボンが現れた」

「アルボンにとってそれはリスキーなアクションだった。特にハミルトンはグリップが限られていた。彼は忍耐強く、DRSの助けを借りてキャッチアップすることができたはずだ」

「だが、アルボンはレーサーであり、ボッタスを射程圏内にとらえて勝利することを求めていた」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1オーストリアGP