アレクサンダー・アルボンのヘルメットの製作工程 / レッドブル・ホンダF1
アレクサンダー・アルボンのヘルメットのデザインを担当するマッシモ・ダンテが、ヘルメットのデザインから塗装までの工程を解説した。

F1ドライバーはそれぞれにヘルメットの見栄えの良さについて独自の考えを持っており、デザインは毎年変更される。また、ホームレースやスペシャルイベント、もしくは過去のヒーローへのオマージュとしてスペシャルエディションのヘルメットを用意することもある。

デザインが完成した後、どれをどのようにヘルメットに移すのか? マッシモ・ダンテが語った。

自分が担当するドライバーのための仕事をどのように考えているのかと質問されたマッシモ・ダンテは「すべてのヘルメットが私にとってそれは赤ちゃんのようなものです。F1レースを見るとき、最初に目にするのはヘルメットですし、それが太陽の下で輝いているのかどうかがわかり、あらゆる間違いを見極めることができます」と語る。

マッシモ・ダンテは、アレクサンダー・アルボンが2015年にカートからシングルシーターへ移行したときからレーシングヘルメットを担当している。現在、マッシモ・ダンテは2020年のためのヘルメットを塗装しており、その数は最大で16に及ぶ。

「テスト用に2つのヘルメットを準備してから、シーズンに使用するヘルメットの塗装を開始します。私たちはMDMデザインを使用するため、基本的なデザインはかなり幅広く、細かな詳細のいくつかは私とアレックスが一緒に決定します」とマッシモ・ダンテは語る。

「最初の工程は、ヘルメットを分解し、それをきれいに削って、赤、青、黄色のようなベースカラーをペイントすることです。2番目の工程は、必要なすべてのロゴをペイントすることであり、最後の工程は、ヘルメットを組み立て、バイザーとスポイラーを取り付けて、レッドブルに送り返すことです」

それは複雑なプロセスであり、マッシモ・マッシモは、通常“約12〜15時間”の集中的な作業が必要だと語る。

「これは通常の所要時間ですが、昨年アレックスがトロロッソからレッドブル・レーシングに移籍したときには、わずか7時間でヘルメットを塗装した。一晩中働きました。本当に大変でしたが、翌日モンツァにヘルメットを渡しにいくと、彼は本当に幸せそうでした。私?疲れていましたね!」

マッシモ・ダンテは、今後のレースと特別なデザインの可能性について考えており、自分が何を作成できるかを考えることに興奮していると語る。

「そうですね、ナイトレースの1つのためにクレイジーなものを描きたいと思っています。去年は常夜灯の下でピカピカのヘルメットを使う可能性がなかったので、今年はクレイジーなことをしたいと思っています。頭の中に浮かんでいますが、レッドブルと話をして、それができるかどうかを確認する必要があります。できることを願っています!」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / ヘルメット