F1 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ
アレクサンダー・アルボンは、2020年にトロロッソ・ホンダのF1シートを確保できるかどうについて心配していないと主張する。

今シーズンも折り返し地点を迎え、2020年のドライバー移籍に関する噂“シリーシーズン”はすでに本格化し始めている。必然的にトロロッソ・ホンダと1年契約のアレクサンダー・アルボンも話題のひとりとなっている。

だが、アレクサンダー・アルボンは、F1での2シーズン目にむけてトロロッソ・ホンダのF1シートに自分が値することを示さなければならないというプレッシャーは感じていないと主張する。

F1シート喪失を心配しているかと質問されたアレクサンダー・アルボンは「それほどでもない。僕はまだ自分のことに焦点を合わせている」とコメント。

アレクサンダー・アルボンは、今年の冬にF2からF1へとステップアップ。トロロッソ・ホンダの決断が遅れたこともあり、日産とフォーミュラE契約を結んでいた。

アレクサンダー・アルボンは、10戦中3戦で入賞を果たし、15ポイントを獲得。まだ急な学習曲線にいると認める。

「僕はまだかなりルーキーだと思っている」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「ここまでのシーズンには満足しているけど、焦点はポイントに戻ることにある」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「毎週末は、ドライバーとして改善し、フィードバックとマシンに関する知識を改善しようとしている」

「序盤は大量のことを一度に学習していた思うし、今ではより微調整している」

アレクサンダー・アルボンは、F1カーは以前のレース経験と比較してうまく機能させられるようになるまでにしばらく時間がかかっていると認める。

「このクルマは非常にダウンフォースが大きい。F1ではグリップを失うと、多くのタイムを失う。特にリアタイヤのグリップを失えば、かなりのラップタイムを失ってしまう」

「フロントエンドのグリップはかなり気に入っているし、バランスを正しくとることは非常に重要だ」

「僕はマシンで何をしたいのか、マシンに何が適しているのかわからないような不明確な領域にいるようなものだった。今、自分の選択についてもう少し自立している」

「クルマに乗っていて安定性はあまり気にいっていない。クルマが動きまわるのは気なっていないけど、それが常に最速の方法とは限らない」

「今、自分がクルマに何が望んでいるかをわかっているし、速く走るにはクルマに何が必要かをわかっている。タイヤマネジメントとタイヤ準備についてのほんの小さなことだ」

「パフォーマンスには満足している。とにかくそれを維持したい。クルマに慣れ、学習し、それを次のレースに適用していきたい」

アレクサンダー・アルボンは、F1への突然の昇進後、F1パドックでよりリラックスを感じていることが助けになっていると語る。

「今はF1をとても快適に快適に感じている。ますますノーマルなことになってきているし、よりリラックスしている」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「最初は少しエッジが効いていたけど、今はもっと落ち着いた気分になっている。リズムを掴んでいるし、予選についてもストレスが少なくなっている。落ち着くことができているし、全体の雰囲気をかなり快適に感じている」

「エンジニアとチームは素晴らしい仕事をしてくれている。それには本当に満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレクサンダー・アルボン | トロロッソ | ホンダF1