F1 アレクサンダー・アルボン ホンダF1
トロロッソ・ホンダのF1ドライバーであるアレクサンダー・アルボンは、自分が仏教を信奉していることを明らかにした。

アレクサンダー・アルボンは、ロンドンで生まれ、ロンドンで生活しているが、母親はタイ人であり、タイ国籍のドライバーとしてF1に参戦している。

「タイの多くの人々がF1ドライバーがいることを知らないと思う」とアレクサンダー・アルボンは Formule 1 に冗談交じりにコメント。

23歳のレクサンダー・アルボンは、タイの主要な宗教である仏教を積極的に信仰していると語る。

「レース週末のたびに寺院に行っているんだ」とアレクサンダー・アルボンは明かす。

「ウィンブルドンにできるだけ頻繁に行っている寺院がひとつある。そのセッションは僕にとって平和と幸福の象徴だ」

「僕たちは歌を歌い、聖水を使用する。その点ではカトリック主義とよく似ていると思う。僕は教理、瞑想、そして、その考え方を信じている」

「仏教は僕にとって適切だと感じている。平和を与えてくれるし、ストレスの多いレース週末の役に立っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレクサンダー・アルボン | トロロッソ | ホンダF1