ブルーノ・セナ
マクラーレンGTは、元F1ドライバーのブルーノ・セナを2015年のファクトリードライバーに起用した。

マクラーレンで3度のワールドチャンピオンシップ制覇を果たした故アイルトン・セナの甥であるブルーノ・セナは、アルバロ・パレンテ、ロブ・ベル、ケビン・エストレに合流し、マクラーレン650S GT3とスプリントモデルの開発作業を担当すると同時にいくつかのイベントでレースする。

ブルーノ・セナは3年間をF1で過ごしたが、その名字にかかる多大なる期待に応えることはできなかった。その後は、世界耐久選手権およびル・マン24時間レースで戦い、フォーミュラEの初年度にも参戦している。

「叔父があんなにもすごい成功を収め、モータースポーツで最も有名な一人となったチームであるマクラーレンに加入するのは僕にとってとても名誉なことだ」とブルーノ・セナはコメント。

「2015年はマクラーレン全体にとってビッグイヤーだし、今起こっている全てに関わるのはすごくエキサイティングだ」

「マクラーレンGTと一緒に働くのを楽しみにしている。2年前にスパ24時間でレースしたときにこのチームを知るチャンスがあった、新しい650Sに乗るのを本当に楽しみにしている」

ブルーノ・セナは、2013年のスパ24時間で650Sの先代であるマクラーレン12C GT3をドライブしている。

「僕がレースをした12C GT3以降、多くの労力が開発に注がれてきたし、昨シーズンの最後にデビューしたときにはとても印象的だった。これからビッグイヤーになりそうだね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブルーノ・セナ