ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、自身のF1キャリアが終わりを迎えていると感じていることを認めた。

アイルトン・セナを叔父に持つブルーノ・セナ(29歳)は、昨年までHRT、ルノー(現ロータス)、ウィリアムズからF1に参戦し、通算33ポイントを獲得した。

現在、アストンマーチンからFIA世界耐久選手権に参戦しているブルーノ・セナは、2014年にインディカーやNASCARへの転向も視野に入れている。

F1復帰について、ブルーノ・セナは「ドアは決して閉じることはない」と Globo にコメント。

「でも、そこで競争力のあるマシンに乗れる可能性は低い。だから、あまりF1については気をもんではいない」

ブルーノ・セナは、フェラーリのシートを失うフェリペ・マッサについて「ブラジル人のF1ドライバーがいないなんてことにならないよう願っている」とコメント。

現在、唯一のブラジル人ドライバーであるフェリペ・マッサがF1シートを獲得できなければ、1970年にエマーソン・フィッティパルディがF1デビューして以降続いてきたブラジル人ドライバーがグリッドから姿を消すことになる。

「どうなるかを知るのは難しいけれど、チームは常に交渉している。でも、彼はファイターだ。今年の彼のリザルトは良い。1年前や2年前よりずっと安定していた。来年。彼がブラジルの代表になれることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブルーノ・セナ