マクラーレン BMW
マクラーレンは、将来のF1エンジンパートナーとBMWを見据えているとの噂を否定した。

今週、マクラーレン・オートモーティブは、BMWと将来のパワートレインの設計・開発におけるパートナーシップを発表。

このニュースは、BMWがマクラーレンのパートナーとしてF1に復帰するとのメディアの憶測を呼んだ。

しかし、マクラーレンはこの噂を即座に否定。そのアイデアを酷評するだけなく、現在のエンジンパートナーであるホンダへのコミットメントを改めて強調した。

「マクラーレンのF1プロジェクトにおけるホンダとの長期的かつ密接な関係は、我々の成功した市販車プロジェクトで使われる次世代テクノロジーの開発をサポートに関連するコンソーシアムの発表にまったく影響を受けることはありません」とマクラーレンの広報担当はコメント。

「ホンダとマクラーレンが共同でF1で競争力を向上させることを決心しており、一番の焦点のままです」

F1プロジェクトを運営するマクラーレン・レーシングとグループの市販車部門であるマクラーレン・オートモーティブは同じグループ内であってもしっかりと線が引かれている。

マクラーレン、BMWとパワートレインを開発・・・F1でのタッグへの布石?
マクラーレンBMW

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | BMW