マクラーレン・ホンダ F1 フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソのF1継続発言は、2018年にむけたビッグチームへのアピールかもしれない。

フェルナンド・アロンソは、F1プレシーズンテストでのトラブル多発に業を煮やし、名指しでホンダを批判。メディアの前で「信頼性もパワーもない」とホンダを酷評。だが、だが、その翌日には2017年にマクラーレン・ホンダがパフォーマンスを発揮できなかったとしても、それが原因でF1から引退することはないと語っている。

「僕は優勝したいし表彰台に立ちたい」「もし、すべてが悪い方向に行ってしまったとしても、来年また挑戦する」状況が悪ければ、余計に続けたい、勝ちたいというモチベーショが高まる」「自分に値すると思えるいいリザルトを得るまではレースを辞めるつもりはない」

兼ねてから、新レギュレーションが導入された今年のF1マシンに楽しみを見い出せないようであれば、F1を引退するとフェルナンド・アロンソは語っていたが、新世代のF1マシンはアロンソにやる気を取り戻させたようだ。

フェルナンド・アロンソとマクラーレン・ホンダとの契約は今シーズン末で終了する。散々なプレシーズンテストを終えてのF1継続発言は、マクラーレン・ホンダに愛想を尽かしたアロンソのビックチームに“俺を獲りに来い”というアピールなのかもしれない。

マクラーレンがホンダとの契約を解消しても痛くない理由
マクラーレン ホンダ F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダ | マクラーレン