レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「7回のタイトル獲得には運と支配的なチームが必要」
F1ワールドチャンピオンとなったマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンの7回に近づくには“運”と“非常に支配的なチーム”が必要だと語る。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、最終戦F1アブダビGPでルイス・ハミルトンをファイナルラップでオーバーテイクし、昨年のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

2021年のF1世界選手権は最初から最後までスリリングなチャンピオンシップの戦いとなった。マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、6回にわたってポイントリーダーを入れ替えた。

F1アブダビGPで優勝したマックス・フェルスタッペンは、自身初となるドライバーズタイトルを獲得し、少なくとも、ルイス・ハミルトンの記録破りの8回目のタイトル獲得への試みを打ち破った。

「これから来るものはすべてただのボーナスであり、僕はそれを楽しむつもりだ」とマックス・フェルスタッペンはCarNextに語った。

24歳のマックス・フェルスタッペンは決して1回のタイトルにとどまりたいとは思っていないが、ルイス・ハミルトンの7回には近づくことさえ簡単ではないと認める。

「7回や8回を戦うには少し運が必要だ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「それを達成するには、非常に支配的なチームも必要だし、必ずしもそういった運やその時代にいられるとは限らない。それが起こらないこともある」

「僕としては、ずっと1回は勝ちたいと思っていた。そこからどこに進むか見てみよう」

「これから来るものはすべてボーナスだけど、それは僕がレースに負けたとしてもという意味ではない・・・それでも動揺するだろうけど、『OK』と言ってから数分だけかもしれない」

レッドブルとフェルスタッペンは、チャンピオンシップの成功のお気に入りの1つとして、2022グリッドに並ぶ予定ですが、それは新しい規制にどれだけうまく対応しているかによって異なります。

F1は今シーズン、まったく新しいマシンが導入される。その決定により、F1チームは昨年、作業負荷を分割せざるを得なくなかった。

最後までマックス・フェルスタッペンのタイトル獲得を追求したレッドブル・ホンダは、2021年のマシンに集中するのに時間がかかりすぎた可能性があると考えられており、昨年のテストドライバーであるアレクサンダー・アルボンの発言が、2022年マシンの作業を“ストップ”したと解釈された。

しかし、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、そのようなことは決して起こらなかったと主張している。

「アルボンの発言は誤って解釈された」とヘルムート・マルコはF1 Insiderに語った。

「私が言えるのは、マックス・フェルスタッペンのタイトルを守りたいということだけであり、そうするのに非常に適した立場にある」

「2021年には2つの異なる開発プログラムが実行されていた。どちらも機能していた」

「新しいレギュレーションで誰かが賢者の石を見つけない限り、メルセデスと我々が今年も優勝候補ではないと信じる理由はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1