ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ギド・ヴァン・デル・ガルデは、若手ドライバーテスト最終日の午前の走行を担当し、65周を走り込んだ。

ギド・ヴァン・デル・ガルデ (ケータハム)
「午前中の作業は有益だった。65周はここでのフルレースディスタンス以上だし、多くのタイヤ作業を完了させることができたので、内容にはかなり満足している。ショートランとロングランの両方のタイヤパフォーマンスを調べる走行プランだった」

「走り込む周回数を設定していたし、今は来週のハンガリーと残りのシーズンで今日がどれくらい役に立つかを確認するためにピレリと僕たちのタイヤエンジニアと一緒に取り組むための多くのデータがある。今日僕にとって重要なのは、ピレリがシルバーストンに持ち込んだ新しいタイヤのドロップオフがどれくらい一貫しているかがわかったことだ。レースではもっとハードにプッシュできるはずなので、全員にとって役に立つはずだ。でも、レース週末でフルに走らせてみるまで、どのような挙動をするかを話すのはまだ早過ぎる」

関連:2013年 F1若手ドライバーテスト最終日:ベッテルがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ケータハム