Hulu、新しいF1番組シリーズを企画との報道 ダニエル・リカルドが協力?
動画配信大手のHuluが、新しいF1番組シリーズを制作しており、マクラーレンのF1ドライバーであるダニエル・リカルドが協力していると報じられている。

Hollywood Reporterは、Huluが現在のF1ブームに乗るために新しい番組を制作することを企画していると報道。現時点でダニエル・リカルドがどのように関与しているかは不明だが、リカルドは自身のこの報道にInstagramアカウントでハッピーフェイスの絵文字を投稿している。

最初のレポートによると、HuluのF1シリーズは30分のエピソードで構成され、「現在、開発の初期段階にある」とされ、ABCシグネチャー、ライオンズゲートTV、テンプル・ヒル・プロダクションズなど、ディズニー関連の多くの制作会社がこのプロジェクトに参加しているという。現時点でF1プロジェクトの詳細は「覆い隠されている」が、作家の捜索は進行中だという。

Huluシリーズは、F1とより幅広いモータースポーツの世界を舞台にした最近の一連の番組や映画の最新作となり、Netflixの『Drive to Survive』の継続的な成功と、F1の幅広いブームを利用するものとなる

7回のF1ワールドチャンピオンで現在のメルセデスのF1ドライバーであるルイス・ハミルトンは、Apple TV自身と彼のチームにすべてのエリアへのアクセスを提供するでドキュメンタリーシリーズに取り組んでいる。また、Appleは、ルイス・ハミルトンが脚本に関与するブラッド・ピット主演のF1をテーマにした映画に取り組んでいる。

また、ハリウッドのプロデューサー、マイケル・マンは、モータースポーツのレジェンドであるエンツォ・フェラーリについて大予算の伝記に取り組んでいる。エンツォ・フェラーリは、アダム・ドライバー、ペネロペ・クルス、シェイリーン・ウッドリーなどの才能を魅了している。これは、2019年に登場し、ル・マンでのフォードとフェラーリの戦いを描いたマット・デイモンとクリスチャン・ベールが主演したル・マン'66に続くものとなる。

Drive to Surviveは現在、来年のリリースが予定されているシーズン5の撮影を行っている。また、2024年にはシーズン6がリリースされることがすでに確認されている。

3月にリリースされたシーズン5は、ショーの歴史の中で最も注目されたシーズンとなり、その継続的な魅力を証明している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / テレビ放送 / マクラーレン / ダニエル・リカルド